いて座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いて座アルファ星
Alpha Sagittarii
仮符号・別名 ルクバト[1], Rukbat[2][3]
星座 いて座
視等級 (V) 3.950[4]
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 19h 23m 53.17483s[4]
赤緯 (Dec, δ) -40° 36′ 57.3705″[4]
赤方偏移 -0.000002[4]
視線速度 (Rv) -0.70km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: 30.49 ミリ秒/年[4]
赤緯: -119.21 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 17.94 ± 0.22ミリ秒[4]
(誤差1.2%)
距離 182 ± 2 光年[注 1]
(55.7 ± 0.7 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 0.2[注 2]
Sagittarius IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
α星の位置(赤い丸)
物理的性質
半径 2.3 R[5]
質量 3.2 M[5]
スペクトル分類 B8V[4]
光度 112 L[5]
表面温度 約12,370 K[5]
色指数 (B-V) -0.10[6]
色指数 (U-B) -0.33[6]
別名称
別名称
FK5 728[4],
HD 181869[4],
HIP 95347[4],
HR 7348[4]
Template (ノート 解説) ■Project

いて座α星(いてざアルファせい)は、いて座の4等星。

概要[編集]

ヨハン・バイエルティコ・ブラーエの星表に定められた星の明るさに基いて星座ごとに α,β,γ,という符号を割り振っていったが、いて座α星はいて座の星の中では16番目の明るさであり、他の星座で見られる規則性からは大きく外れているように見える。彼のウラノメトリアでは α星は明るい星として描かれているが、この星は赤緯-40度という位置にあることから、ブラーエやバイエルはこの星を実際に見たことはなかったものと考えられている[5]。この数百年間で光度が大きく減衰したという可能性は恒星進化論の見地から極めて低いことから、ブラーエやバイエルの誤認識であったと考えられている[5]

名称[編集]

固有名のルクバト[1] (Rukbat[2][3]) はアラビア語で「射手の膝」を意味する rukbat al-rāmī に由来しており[2]カシオペヤ座δ星と同じくアラビア語で膝を意味する ركبة Rukbah の部分が取られたものである[2]。2016年7月20日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Rukbat をいて座α星の固有名として正式に承認した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、153頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  2. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 51. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年10月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n SIMBAD Astronomical Database”. Results for alp Sgr. 2016年10月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Jim Kaler. “Rukbat”. STARS. 2016年10月8日閲覧。
  6. ^ a b 輝星星表第5版

外部リンク[編集]

座標: 星図 19h 23m 53.17483s, −40° 36′ 57.3705″