いくよ・くるよのはりきりフライデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いくよ・くるよのはりきりフライデーは、KBS京都ラジオ番組である。1990年4月から2006年3月31日まで883回にわたり放送されていた。放送時間は、金曜日の朝7:30-12:00であった。

漫才師コンビの今いくよ・くるよを中心にKBSアナウンサーの梶原誠らと共に番組を進行していた。

9時台の『パンチみつおの不幸自慢』はタレントのパンチみつおが担当するコーナーだが、肝心のところをいくよ・くるよに話を突っ込まれて、彼自身が題名どおりになるのがほとんどであった。

毎週、葉書やメールで読まれた人には、いくよ・くるよとその他出演者の似顔絵が書かれている番組オリジナルのQUOカードを5名にプレゼントしていた。

パンチみつおの不幸自慢のコーナーでは、毎週パンチがネタ切れの心配も無く、楽しい(笑える)不幸ネタを「これでもか!」と言う程話すので、毎週共演者やリスナーはパンチみつおの不幸ネタに期待していた。また不幸ネタに突っ込みのメールFAX・「自分の不幸」を不幸自慢に投稿するとパンチみつおのクオカードやトランプをもらえた。

ハイヤングKYOTO等と並んで、KBS京都の歴代の看板番組であった。

2006年3月31日、約16年間883回の放送にピリオド(終止符)が打たれた。

2010年3月26日の10時から11時50分と13時から17時に1日限りの復活。2011年3月25日、「いくよ・くるよのはりきりフライデー60」。2012年3月、2013年3月、2014年3月、2015年3月にもスペシャル番組を放送した。梶原、パンチ、まるむし商店東村は毎回出演した。

番組内容[編集]

  • パンチみつおの不幸自慢
  • おしゃれ専科
  • 知っとこ滋賀
  • スポーツアナ講座
  • クイズいくよ・くるよ
  • いくよ・くるよのおきばり
  • いくよ・くるよのええやんかいさ!
  • いくよ・くるよのこんなんどやさ!
  • 若手芸人のネタ見せのコーナー

メインパーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

他の出演者[編集]

  • パンチみつお
  • 大石良一(1990年~1998年頃まで)
  • 大石こいし(1995年~1998年頃まで)

番組内のミニ番組[編集]

番組時間の移り変わり[編集]

  • 1992年4月~2003年3月(7:00~12:00)
  • 2003年4月~2006年3月(7:30~12:00)

歴代ラジオカーレポーター[編集]

4年ぶりの復活[編集]

2010年3月26日に「〜春の“どやさ”スペシャル〜いくよくるよのはりきりフライデー復刻版」として復活した。放送時間は10:00~12:00と13:00~17:00の2部構成で放送された。 翌2011年3月25日にもKBS京都開局60周年記念「〜春の“どやさ”スペシャル〜いくよくるよのはりきりフライデー」として再度復活。放送時間は10:00~12:00と13:00~17:00の2部構成で放送された。


KBS京都ラジオ 金曜10時枠
前番組 番組名 次番組
 ?  
いくよ・くるよのはりきりフライデー


外部リンク[編集]

  • POWER FILE 1143 いくよ・くるよのはりきりフライデー最終回