あんまき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あんまき
白あんと黒あん
大あんまき(チーズ)
豊橋駅改札内の販売所

あん巻き大あん巻き(おおあんまき)は、薄く細長い生地(現代でホットケーキ生地)でを巻いた和菓子愛知県知立市では大あんまきが名物とされる。静岡県浜松市奥山半僧坊の近辺でも売られている[1]

知立市の大あんまきの歴史[編集]

  • 1890年創業の小松家本家が元祖であり[2]ドライブインや主要駅などに出店している藤田屋も広く知られており知立市内には他にも何店舗か存在する。

小松家[編集]

  • 元祖の小松屋本家では、黒餡(つぶあん)と白餡(こしあん)のあんまきを販売している。

藤田屋[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 野沢製菓”. グルメ. アットエス (2014年1月6日). 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ 小松屋本家”. 名物特産品. 知立市観光協会. 2016年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]