あしたになれば。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あしたになれば。
監督 三原光尋
脚本 三原光尋
出演者 小関裕太
黒島結菜
葉山奨之
小川光樹
山形匠
富山えり子
赤間麻里子
清水美沙
赤井英和
音楽 きだしゅんすけ
撮影 鈴木周一郎
編集 宮島竜治
製作会社 HORIZON
ポニーキャニオン
ワンダーラボラトリー
サモワール
クラスター
ユナイテッドエンタテインメント
グループファーストエース
配給 ユナイテッドエンタテインメント
公開 日本の旗 2015年3月21日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あしたになれば。』は、2015年公開の日本映画作品である。三原光尋監督作品。

概要[編集]

同監督作品『あしたはきっと…』と同じく、大阪府南河内地区が舞台となっている。そのため、羽曳野市藤井寺市太子町が撮影に協力している[1]

ストーリー[編集]

全国高等学校野球選手権大会に予選敗退し、落ち込む松井大介が学校に呼び出される。それは特産品を使ってふるさとグルメを作る「南河内グルメ開発プロジェクト」への参加を促すものだった。隣の飛鳥女子学院の生徒2人と合同でつくられたチームで、料理に励むことになる。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

主題歌「君がくれた夏
(作詞・作曲・歌:奥華子 編曲:su-kei
挿入歌「タリナイオモイ」
(作詞・作曲・編曲:タカハシコウスケ 歌:佐々木友里・タカハシコウスケ)

出典[編集]

  1. ^ 公式サイト イントロダクション2016年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]