Wikipedia:ガイドブック 調べる・読む

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問
はじめに   調べる・読む   執筆する   編集方針   著作権に注意   運営   交流・議論    

Searchtool.svg ウィキペディアでの調べ方[編集]

この章では、ウィキペディアを閲覧したり、ウィキペディアで調べ物をしたりするときの基本的なことがらを紹介します。

知りたいことを調べるには?[編集]

知りたいことを調べるには、まず検索を試してみてください。画面の左上側に「検索」と書いてあるテキストボックスと、虫眼鏡状の表示ボタンがあります。テキストボックスに閲覧したい記事の項目名を入力して「表示」ボタンを押すと、その記事が検索・表示されます。たとえば「百科事典」と書いて表示ボタンを押すとウィキペディア内の百科事典という記事(項目)が表示されます。

あなたが入れた項目名ずばりの記事が存在していない場合は、ウィキペディア中でそのことばを含む記事の検索結果が表示されます。

今すぐ、この下のボックスを使って検索することができます。なにか言葉を入力して、「表示」ボタンと「検索」ボタンの機能を確認してみてください。「検索」ボタンを押すと、最初からその言葉を本文中に含む記事の検索結果が表示されます。「表示」ボタンを押すとテキストと項目名が一致する記事を検索し、「検索」ボタンを押すと全文検索を行います。

外部の検索エンジンを使うこともできます。ウィキペディアの検索機能は、サーバへの負荷を軽減するために、一時的に検索機能を休止している場合がありますので、このような時は外部の検索エンジンを利用してください。また、細かい条件を指定しての検索では、外部の検索エンジンのほうが精度が高い場合があります。Gooではウィキペディア日本語版の記事を全文検索できるGoo Wikipedia記事検索があります。また他の検索エンジンでは、検索ボックスに “site:ja.wikipedia.org” と入力してウェブサイトを指定することで、検索範囲をウィキペディア日本語版内に限定することができます。

その他の方法には次のようなものがあります。

索引を引く
特別:ページ一覧ではウィキペディア上にある全ページを Unicode 順に表示することができます。ただ、漢字、かな、ローマ字などを併用する日本語版では、この機能が充分に索引の機能を果たさないため、Wikipedia:索引にて五十音順の索引を人力で作っています。索引へのリンクはメインページにあります。ただし、人力で登録しているので、まだ載っていない項目名もあります。
リンクをたどって読む
記事中のキーワードが青色や赤色になっているのはリンクで、クリックするだけですぐその記事へ飛べます。
青いリンクは、既に執筆されている記事への内部リンクです。また、赤いリンクはまだ執筆されていない記事へのリンクで、「未執筆リンク」とか「赤リンク」と呼ばれています(例:ウィキペディア王国)。なお、このように存在しないキーワードの赤いリンクをクリックすると、新規ページの編集画面が出てきます。
薄青のリンクで最後に矢印がついているのは、ウィキペディア外のページなどへのリンクです(例:Wikipedia記事検索Goo)。これを外部リンクと呼んでいます。
カテゴリをたどって読む
カテゴリは同じ分野の記事を集めるための機能です。ウィキペディアのメインページの「カテゴリ」のセクションやWikipedia:カテゴリから分野ごとに記事をたどることができます。また記事の一番下には大抵、カテゴリが設定されていますので、そのリンクからカテゴリのページに飛んで関連項目を探すこともできます。
詳しくはこちらの文書を

曖昧さ回避とリダイレクト[編集]

たとえばヒマワリ (曖昧さ回避)を見てください。ここには「ひまわり」という言葉がもつさまざまな意味が並んでいます。これは曖昧さ回避と呼ばれるページで、同名異義の項目がある時に設けられる、それぞれの項目への案内ページです。

また、ある記事から自動的に他の記事に転送される場合もあります。例えば、星条旗と入力すると、アメリカ合衆国の国旗に自動的に転送されます。これはリダイレクトという機能で、別名や通称、表記の揺れなどがある場合に、どの名称を入力しても記事本文へ簡単にジャンプするための機能です。

詳しくはこちらの文書を

ページの種類[編集]

ウィキペディアでは、「記事」と記事以外のページ(ルールを記したページなど)を区別するために、ページをいくつかの種類に分けています。ページの名前(タイトル)は、記事ページは「件名」のみ、他はいずれも「ページの種類:件名」の形になります。

ウィキペディア日本語版にあるページの種類は次の通りです。

通常ページ(9種類)
ここで言う"通常"ページは、一般の利用者が編集を行えるページです(ただし、いろいろな理由により編集に保護がかけられているものを除きます)。そのいずれにも、ページ内容に関係して利用者間でやり取りするための「ノートページ」が付属しています。
記事ページ
ウィキペディアの言わば本体となる各記事用のページ(例: 日本
利用者ページ
利用者ごとに割り当てられ、自身の自己紹介などを行うページ(例: 利用者:ウィキ助
ファイルページ
画像・音声ファイルの属性や著作権などに関する情報のページ(例: ファイル:Wiki.png
Template ページ
複数のページで使う定型文(テンプレート)のページ(例: Template:ネタバレ冒頭
Category ページ
記事を分類するためのカテゴリのページ(例: Category:鉄道
Wikipedia ページ(プロジェクトページ)
ウィキペディアの利用方法や約束事などに関する文書のページ(例: Wikipedia:ウィキペディアへようこそ
Help ページ
操作方法などについてのヘルプ文書のページ(例: Help:ノートページ
Portal ページ
いわゆるポータルサイト的な役割を持つ「ウィキポータル」に関するページ(例: Portal:環境
MediaWiki ページ
リンク・ラベルやメッセージなどのインターフェース用文章に関するページ(例: MediaWiki:Wikimedia-copyrightwarning
特別ページ(1種類)
ウィキペディアの運用に関係して、その内容がシステムにより自動生成されるページです。上記の通常ページと違い、利用者は編集できません。内容については、固定的なもの(例:特別:ログイン )もありますし、時点などに応じて変化するもの(例:特別:新しいページ )もあります。

以上のページの種類は、「名前空間」という概念を使って処理されており、「ページの種類」の部分を「名前空間名」といいます。

詳しくはこちらの文書を

ページ上のタブの使い方[編集]

ウィキペディアの各ページでは、画面の上辺に各種のタブが配置されており、画面の切り替えなどをスムーズに行うことができます。

画面の左肩にペアで並ぶ「ページ」と「ノート」は基本となるタブです。クリックすれば、いつでも記事の「本文ページ」、あるいは記事ページに付属する「ノートページ」をそれぞれ開くことができます。本文ページあるいはノートページそれぞれの「閲覧」、「編集」、「履歴表示」」の画面を開こうとする時には、これらのタブを使って、まず本文ページとノートページを切り替えます。

本文ページが開かれた状態では「基本タブ」の次には「閲覧」、「編集」、「履歴表示」タブが並びます。加えて、ログインしている時は、下向きの三角の先に移動タブがつきます。

この状態で、例えば「履歴表示」タブをクリックすると、本文ページの履歴ページが開きます。それとあわせて、開かれたページに対応する「ページ」、「履歴表示」の両タブが前面に出てオレンジ色で縁取りされます。

移動」タブをクリックすると、ページの移動画面に切り替わります。もとのページに戻るためには、ページ上部にあるリンクを利用してください。

なお、「編集」タブは、ページの編集に保護が掛けられている場合には表示されません。代わりに同じ位置に「ソースを表示」タブが現れ、ページのソース(ウィキテキスト)を見ることだけができるようになっています。「移動」タブについても、ページの移動に保護が掛けられている場合には表示されません。

ノートページが開かれた状態では、「基本タブ」の次に「閲覧」「編集」、「話題追加」、「履歴表示」タブが並びます(ただし、「移動」タブはログインしている時の下向きの三角の先)。「編集」、「履歴表示」、「移動」タブの使い方は上記の本文ページの場合と基本的に変わらず、それぞれノートページの編集画面、ノートページの履歴、ノートページの移動画面が開きます。

「編集」タブ右脇にある「話題追加」タブは、ノートページへ新しい話題を投稿するのに便利な「新規コメント編集画面」を開くためのものです。

一番右に現れる「ウォッチリストに追加 ☆」タブ(「ウォッチリストから削除 ☆」タブとのトグル)は、どの画面上でクリックしても、本文ページとノートページがセットでウォッチリストに追加(またはウォッチリストから削除)されます。ただし、このタブもログインしている時にしか現れません。

なお、記事ページ以外では、「ページ」に当たるタブは、たとえば本ガイドブックのような「Wikipedia ページ」では「ウィキペディア」と表されるなど、ページの種類により名称が異なります(詳しくは、Help:名前空間参照)。また、利用者が編集することのできない「特別ページ」(上記「ページの種類」の節参照)では、「特別ページ」のタブのみが表示されます。

タブの文字色は通常は青色ですが、「基本タブ」については赤文字で表示されることもあります。たとえば「ノート」タブが赤文字の場合は、そのノートページがまだ空白であることを表します。その場合はクリックすると、ノートページ自体ではなくその編集用のページが開かれるようになっており、すなわち、「編集」タブをクリックしたのと同じ結果になります。「利用者ページ」での「利用者ページ」タブが赤文字の場合も、これと同様です。

サイドバー[編集]

画面の左上、ウィキペディアのロゴの下の部分を「サイドバー」と呼んでいます。ここには検索欄や、よく使うリンクが「案内」や「ヘルプ」、「ツール」などのコーナーにまとめられています。ここでは特によく使うものを紹介します。

メインページ
メインページは日本語版ウィキペディアの顔です。常に最新の情報をお届けしています。 新着の記事や、秀逸な記事や画像の紹介や様々なお知らせなど、読者を楽しませてくれる内容が揃えられています。ウィキペディアにいらっしゃったらどうぞお立ち寄りください。
コミュニティ・ポータル
主に執筆者のためのスペースです。加筆や翻訳してくれる人の募集やウィキペディアのガイドラインに対する意見の募集等のお知らせなどがあり、ここを見ればウィキペディア全体の動きがよくわかります。
最近更新したページ
ウィキペディアの記事はどんどん追加されたり書き換えられているので、その変更内容を新しい順にレポート表示してくれる機能です。このレポートの一覧から、記事そのものへ飛ぶこともできますし、一覧の中にある「差分」でどういう変更がなされたのかを確認できます。そして「履歴」でその記事のこれまでの更新履歴を確認できます。詳しくはHelp:最近更新したページをご覧ください。
ウィキペディアに関するお問い合わせ
ウィキペディアに関するお問い合わせの連絡先をまとめたページです。
ヘルプ
ウィキペディア日本語版のヘルプです。困った時には一度覗いてみて下さい。
井戸端
利用者がウィキペディア・プロジェクトの進め方などについて意見や質問をする交流の場です。
お知らせ
他の利用者に知らせたいことを書きこむ場です。
バグの報告
バグを見付けたらこちらに報告してください。
寄付
ウィキペディアは皆さんの寄付によって運営されています。寄付のページへの一番の近道です。
詳しくはこちらの文書を

ウィキペディアの閲覧に関しては、Wikipedia:FAQ 読者向けに追加情報がありますので、ぜひ参照してください

次の章「執筆する」へ進む