T・J・カミングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T・J・カミングス
T. J. Cummings
島根スサノオマジック  No.9
T.J.cummings.jpg
名前
本名 Terry Cummings Jr.
ラテン文字 T. J. Cummings
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年8月31日(32歳)
出身地 イリノイ州
身長 205cm
体重 104kg
選手情報
ポジション F
背番号 9
経歴
2005-2007
2008-2010
2010-2011
2011-2012
2012
2012-2013
2013-
アルバカーキ・サンダーバーズ
ロサンゼルス・ディーフェンダーズ
メイン・レッドクローズ
大分ヒートデビルズ
秋田ノーザンハピネッツ
仙台89ERS
島根スサノオマジック

テリー・"TJ"・カミングス・ジュニア (Terry "TJ" Cummings Jr., 1981年8月31日 - ) は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。身長205cm、体重104kgで、ポジションはフォワードセンター[1]

NBA選手のテリー・カミングスは父。

ホームウッド・フルースモア高校を卒業し大学はUCLAに進学、4年間プレーした。大学卒業後、NBAデベロップメント・リーグアルバカーキ・サンダーバーズにドラフト3巡目で指名される。ルーキーイヤーは1ゲーム当たり12.6ポイント、6.4リバウンドの成績を上げた。その年アルバカーキは優勝を果たした。

2006-07シーズン後、カミングスはアルバカーキと契約できなかったが、ロサンゼルス・ディーフェンダーズと契約した。ロサンゼルスには2シーズン在籍、2010-11シーズンはメイン・レッドクローズと契約した。

翌シーズン、bjリーグ大分ヒートデビルズと契約。リーグ5位となる1試合平均21.10得点を記録した[2]

2012年8月、秋田ノーザンハピネッツと契約。開幕から活躍するも、12月に契約解除。12月10日、仙台89ERSと契約。チームの攻撃の中心として[3]の1試合平均23.1得点を挙げた。秋田と仙台での得点を合算しても同22.13点で、埼玉ブロンコスジョン・ハンフリーが記録した同27.23得点に次ぐリーグ2位の記録であった[2]。しかしその一方で河北新報は、後半スタミナの状態から無理なシュートを撃ってしまい、相手に流れを渡すことが多かったと評した[3]

2013-14シーズンの途中、bjリーグの島根スサノオマジックと契約することが決まり、再び来日することになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “【ティージェイ・カミングス選手】契約(新規)基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 島根スサノオマジック, http://www.susanoo-m.com/2672.html 2013年12月9日閲覧。 
  2. ^ a b 『bjリーグ オフィシャルガイドブック 2013-2014』 bjリーグ2013年10月4日
  3. ^ a b “誤算迷走-bj仙台プレーオフ逃す(上)混乱/戦術転換、浸透に遅れ”. 河北新報 (宮城県仙台市: 河北新報社). (2013年5月1日) 

外部リンク[編集]