SKアウストリア・ケルンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SKアウストリア・ケルンテン
原語表記 SK Austria Kärnten
創設年 2007年
解散年 2010年
ホームタウン ケルンテン州クラーゲンフルト
収容人数 32,000
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SKアウストリア・ケルンテン: SK Austria Kärnten)は、かつてオーストリアの南部、ケルンテン州の州都クラーゲンフルトを本拠地としていたサッカークラブである。

歴史[編集]

2007年の夏までSVパッシングが保持していたオーストリア・ブンデスリーガのライセンスを2007年6月1日に正式に譲り受けて設立されたクラブである。

2007年、SVパッシングのグラート会長が、オーストリア・ブンデスリーガのライセンスを他のクラブに譲りたいと発言した以降、「移民排斥」や「親ナチズム」などを主張し、オーストリアで極右・煽動政治家として知られているイェルク・ハイダー州知事がSVパッシングのグラート会長と頻繁に連絡を取るようになり、オーストリア・ブンデスリーガのライセンスをケルンテン州のクラブに譲るように誘致した。

約1か月間に及ぶ交渉後、クラーゲンフルトに新しいクラブSKアウストリア・ケルンテンが設立され、SVパッシングが保有していたオーストリア・ブンデスリーガのライセンスを譲り受けることが例外としてオーストリア・サッカー協会により正式に認められたことにより、初年度からオーストリア・ブンデスリーガに属することになった。

このようなことは前例が無かったため、非現実的と世間は冷めていたが、実際に可能になったところからもイェルク・ハイダー州知事の政治力が見える。実際のクラブ会長はマリオ・カノーリという実業家だが、イェルク・ハイダーのクラブへの影響力は絶大で「影の会長」と言われている。

全くのゼロからのスタートであったため、選手を新たに集めなくてはならず、主に財政破綻により3部に降格したグラーツァーAKやライセンスを譲ったSVパッシング、レッドツァック・1部リーグ(オーストリア2部)に所属していたのFCケルンテン等から多くの選手が移籍して新しいSKアウストリア・ケルンテンのチームが作られた。

クラブ初の監督にはグラーツァーAKや1860ミュンヘンを率いたヴァルター・シャッハナーがイェルク・ハイダー州知事自らにより招聘された。

全く歴史の無い新興クラブなので、サポーターの数も少なく、「人工的に作られたクラブ」と揶揄されている。また、イェルク・ハイダー州知事の影響もあり、白人以外の選手に対しては非常に厳しいクラブである、ということが業界で知られている。

ちなみにライセンスを譲ったSVパッシングは自動的にオーストリア5部に降格した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

なし

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 得点 失点 勝ち点
2007-08 オーストリア・ブンデスリーガ 9位 8 9 19 26 58 33
2008-09 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 11 8 17 47 57 41
2009-10 オーストリア・ブンデスリーガ 10位 2 9 25 29 80 15

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]