イェルク・ハイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェルク・ハイダー

イェルク・ハイダー(Jörg Haider[ˈjœɐ̯k ˈhaɪdɐ]、1950年1月26日 - 2008年10月11日[1])は、オーストリア政治家オーストリア自由党元党首。ケルンテン州知事。クラウディア夫人との間に二女あり。愛車はポルシェだった。

多くの欧州極右政治家と同様、移民への厳しい態度で知られた。ナチスの政策を賞賛する発言などで度々物議を醸し、政敵を攻撃する時は、姓ではなく名を用いて、医学用語や軍事用語を頻繁に用いた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ハイダーの父ロベルトはオーストリア・ナチス(en:Austrian National Socialism)の党員で、1933年にドルフース政権下でのナチス取締まりを逃れてドイツバイエルン州に亡命。その後突撃隊の隊員となり、ドイツ国防軍にて兵役を務める。1938年のアンシュルスと共にオーストリアに戻った。第二次世界大戦が始まると東部戦線で兵士として戦い、負傷。後、軍を除隊し結婚した。妻ルップは教師で、オーストリアにおけるドイツ少女団の指導者だった。戦後は、二人とも熱心なナチズム信奉者であったため公職追放を受けた。

このように筋金入りのナチだった両親の間に、ハイダーは1950年、オーストリアオーバーエスターライヒ州バートゴイゼルで生まれる。1968年にオーバーエスタライヒ州自由党青年部のリーダーとなり、ウィーン大学で法学博士を取得。

政界[編集]

1976年に自由党ナショナル派の拠点であったケルンテン州に移住。1979年からは国会議員となり、1983年以降、オーストリア自由党ケルンテン州党首を務めていた。1986年9月の党大会において当時の党首を破り、新党首に選出された。党首に就任したハイダーは党内の有力者とリベラル派を排除して、事実上の「ハイダー党」とした。

1999年の総選挙では党の躍進に成功し、オーストリア国民党との連立政権を樹立したが欧州連合諸国が自由党の政権入りに反発し、交流制限などといった制裁に踏み切ったため、2000年に党首を辞任。

ハイダー指導下のオーストリア自由党の政策は新保守主義新自由主義)路線で、強調されているのは公的セクターの民営化である。2002年9月11日に党首に返り咲き、その後辞任。 しばらくは国政から遠ざかっていたが、2005年4月4日、自由党内の対立を背景に分裂した新党「オーストリア未来同盟」の党首に就任して総選挙に臨み7議席を得た。2008年9月、大連立崩壊による総選挙では得票率11%、21議席と大幅に躍進し、同じく極右政党でかつて所属した自由党と合わせて3割の議席を得た。

突然の死去[編集]

2008年10月11日、母の誕生日パーティーに公用車で向かう途中、クラーゲンフルト近郊にて交通事故のため急死。58歳[2][3][4]。オーストリア未来同盟の議席を3倍に増やしてから13日目のことであった。

事故原因については、飲酒運転とされている。連邦警察の調査によれば、血中アルコール濃度が法定限度の3倍以上で、運転速度も法定速度の2倍を超える時速142キロだったという。元々彼は酒をあまり飲まなかったため、当初は一部メディアから暗殺説も囁かれたが、事故の直前にゲイ・バーで飲酒していたことが明らかになり、最終的に事件性はなかったと発表された。

現職州知事の死去であったため、葬儀は州葬によってなされた。

エピソード[編集]

過去には少年愛者であるとの報道もなされたが、関係者は否定している[5]。また、同性愛者だったのではないかとの報道もある[6]

存命時代に約4500万ユーロ(約50億円)もの資産を、秘密裏にタックスヘイブンとして知られるリヒテンシュタインの銀行口座に隠し持っていたことが2010年に明らかになった[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]