Range voting

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Range votingは主に多数決や多数代表の選挙で使われる手続きである。各投票者は各選択肢をあらかじめ決められた範囲の点数で評価し、各投票者の付けた点数の合計が一番大きい選択肢が選出される。

日本語訳[編集]

当手続きはフィギュアスケートやスキージャンプなどの勝敗判定につかわれるなど、日本語圏でも至る所でみられるが、訳語は定まっていない。篠儀直子は「選挙のパラドクス—なぜあの人が選ばれるのか?」(ウィリアム パウンドストーン (著))に於いて当手続きを「範囲投票」と訳している。

性質[編集]

当手続きで自分の一票の影響力を最大限にしようとすると、最大の点数と最小の点数しか使わない様になる。このため、戦略投票にさらされると当手続きはApproval votingに帰着され、多くの性質がApproval votingと共有される。
[1]によると、戦略投票を行わない正直な投票者が混ざると、最大の点数と最小の点数しか「使えない」Approval votingより良い結果が出る[2]

使用例[編集]

  • ミツバチが巣の建設場所を決定するために使用している。