Open Source Development Labs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Open Source Development Labs(略称OSDL)は、アメリカ合衆国オレゴン州日本渋谷に拠点があり、中国北京)にも事務所をもつ、Linuxのビジネスの利用を推進するために設立されたNPO

2000年に創立。創設メンバーはNECIBMヒューレット・パッカードインテルコンピュータ・アソシエイツの5社。またOSDL Japanに関してはこれに富士通日立製作所の2社が加わる。

2003年6月にはLinuxの創始者として知られるリーナス・トーバルズトランスメタからOSDLに移籍し、フルタイムでLinux開発に関わるようになっている。

2004年6月には、大学高等教育機関対象の新メンバー制度を発表した。日本からは東京工科大学早稲田大学稚内北星学園大学米国からはマリスト大学en:Marist College)、オレゴン州立大学en:Oregon State University)、ポートランド州立大学en:Portland State University)、スタンフォード大学en:Stanford University)の6校が大学メンバーとして認定され加わった。2005年1月には、同年4月に開校予定の神戸情報大学院大学が新たに参加を表明した、

2007年1月、オープンソースの標準化を図る非営利のコンソーシアムである Free Standards Group (FSG) と合併し、リナックスファウンデーション (The Linux Foundation) を設立した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]