N-メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
N-メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェニル
識別情報
CAS登録番号 3766-81-2
特性
化学式 C12H17NO2
外観 淡黄色または淡赤色の液体
への溶解度 不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

N-メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェニル(2-(1-Methylpropyl)phenyl N-methylcarbamate)は、カルバミン酸殺虫剤である。淡黄色または淡赤色の液体で、水には溶けない。イネ木綿の栽培に用いられる。

使用[編集]

フェノキシカルブはサトウキビ小麦野菜の殺虫剤として使用。 農薬活性成分としてEUでは承認されてない。ドイツ、オーストリア、スイスでは、この有効成分を含んだ植物保護製品が許可されていない。


別名[編集]

メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェノール、 メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェニル、N-メチルカルバミン酸-2-sec-ブチルフェニル、BPMC、fenobucarb、fenocarb、カルバミン酸-N-メチル-O-sec-ブチルフェニル

商標名[編集]

Fenobucarb, Osbac, Bassa

LD50[編集]

  • オスのマウス 340mg/kg
  • オスのラット 410mg/kg

参考文献[編集]

関連項目[編集]