musl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
musl
Musl libc.png
開発元 Rich Felker (dalias) など
最新版 0.9.12 / 2013年07月29日(12か月前) (2013-07-29
対応OS Linux 2.6以降
プラットフォーム x86, x86-64, ARM, MIPS, MicroBlaze, PowerPC
種別 標準Cライブラリ
ライセンス MIT License
公式サイト www.musl-libc.org
テンプレートを表示

musl (マッスル) は MIT License[1] でリリースされている Linux標準Cライブラリ。開発者は Rich Felker。クリーンで、効率的で、標準に準拠した標準Cライブラリの実装を目標としている。1から設計されており、アプリケーションを単一のポータブルなバイナリファイルとして配布できるように静的リンクに最適化している[2]POSIX:2008 と C99 準拠であるとしている[3]Linux, BSD, glibc の非標準な関数も実装されている。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]