MediaGX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MediaGX
Geode GX1

MediaGX(メディア・ジー・エックス)は、1997年サイリックスによって開発されたパーソナルコンピュータ (PC) 向けx86互換CPU。サイリックスのCx5x86をベースに、メモリコントローラー XpressRAM やグラフィックスチップ XpressGRAPHICS、オーディオチップ XpressAUDIO を1チップに統合。MediaGXを搭載した場合、部品点数の少なさからコスト面で有利な製品を製造できる。

サイリックスがナショナル セミコンダクターに吸収合併された以降はナショナル セミコンダクターの製品として製造された。同社のパソコン向けCPUの製造事業はVIA Technologiesに売却したが、MediaGXはナショナル セミコンダクターの手元に残され、Geode(ジオード)として改良が続けられた。2003年にはアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) がナショナル セミコンダクターからGeode製造部門を買収し、現在は AMD Geode GX として提供されている。


歴史[編集]

  • 1997年2月20日: サイリックスがMediaGXの発売を開始[1]。当初120MHz版、133MHz版の2種類であったが、その後150MHz版を追加し6月30日には166MHz版、180MHz版を発売開始。
  • 1997年7月28日: ナショナル セミコンダクターがサイリックスを吸収し合併する。
  • 1998年1月6日: サイリックス、MediaGXをMMXに対応させた MMX-enhanced MediaGX (MediaGXm) の200MHz版を発表[2]。3月18日にはより高速な233MHz版が発表された[3]
  • 1999年5月5日: ナショナル セミコンダクターがCPU製造から撤退することを表明。事業はVIA Technologiesが買収し引き継がれることになった。しかしMediaGXの資産はナショナル セミコンダクターが引き続き保有する。
  • 1999年7月15日: ナショナル セミコンダクターがMediaGXをベースに開発した Geode を発表。
  • 2003年8月6日: アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) がナショナル セミコンダクターよりGeode製造部門を買収。

採用していた製品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米Cyrix社、1,000ドルパソコンを実現する「MediaGX」プロセッサを発売”. PC Watch (1997年2月21日). 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ 米Cyrix、MMX機能搭載のMediaGX”. PC Watch (1998年1月7日). 2012年8月30日閲覧。
  3. ^ 米CyrixがMMX対応MediaGXの233MHzを発表、Windows CE 2.0への対応も”. PC Watch (1998年3月19日). 2012年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]