K11複合型小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K11複合型小銃
Rifle xk11.jpg
K11複合型小銃
種類 軍用小銃
製造国 大韓民国の旗 大韓民国
設計・製造 国防科学研究所
S&T大宇
仕様
種別 アサルトライフル
グレネードランチャー
口径 5,56mm
20mm(擲弾)
銃身長 250mm (5.56mm)
460mm (20mm)
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
20mm(擲弾)
装弾数 30発(箱形湾曲弾倉)
6発箱形弾倉(擲弾)
作動方式 ガス圧利用ロータリングボルト
ボルトアクション (20mm)
全長 860mm
重量 6100g(空砲時)
有効射程 300m (5.56mm)
500m (20mm)
歴史
設計年 2000年〜2008年
製造期間 2010年〜
配備期間 2010年〜
テンプレートを表示

K11複合型小銃韓国国防科学研究所(ADD)が開発した韓国版OICWであり、5.56mmアサルトライフルと20mmグレネードランチャーを上下並列に組み合わせるように設計された複合型小銃である。

開発[編集]

1998年以降、韓国防衛産業界及び韓国軍は、アメリカが研究しているOICW計画が今後の世界的な傾向となっていくと判断した。そこで2000年から、本件に関与する開発者の配属や部署の編成がなされた。本銃の初期段階におけるコンセプトにおいては、他のOICWを単純にコピーするのではなく、同等のレベルの火力を付与するものとして開発が進められ、8年の研究の末2008年に「XK11」のコードネームでテストモデル仕様が公開された。同年6月には最終適合判定を受け、武器として認可された[1]。製造はS&T大宇社が行い、K11ひとつあたりの単価は1,600万ウォン台だといわれている。

K11最大の特徴は、20mm炸裂弾ランチャーの機構であり、銃上部に設置されているサイトで目標を捕捉すると、内部に組み込まれたレーザー距離測定器を介してマイクロプロセッサが距離を測定する。この距離を弾丸の回転数に換算し、弾頭信管に入力することで、炸裂弾を目標上空で正確に炸裂させることができ、遮蔽物などに隠れている標的を攻撃する場合において最大限に威力を発揮することができる。 しかし試験段階から故障・不具合が頻発し、初期配備された80丁のうち66%が不良品であった。

設計[編集]

銃身は軽量化のためスカンジウム-アルミニウム合金で製造されている。下部KEW(Kinetic energy weapon)モジュール(5.56mm自動小銃)はガスピストン方式のロングストロークピストン式で設計されている。上部HEW (High Explosive weapon) モジュール(20mm炸裂弾ランチャー。これはアメリカのXM29 OICWとは仕様が異なっている)はブルパップ方式で設計されており、装填はボルトアクション方式を採用している。また、銃に射撃モードのセレクターを備えることで、一つの引き金で小銃とグレネードランチャーを使い分けることができるように設計されている。現在までマスコミに公開された発射モード方式は単発、連射、榴弾(20mm炸裂弾)の3つである。また、上下モジュールは分離できず、ピカティニー・レールのような拡張機能も備わっていない。重量は空砲の状態で6.1kgになる。

XM29 OICWとは、似通っているが相違点もあり、20mm炸裂弾の動作、仕様が異なっている。また、XM29 OICWはグレネードランチャーモジュールがガス圧作動方式を利用したセミオートマチックであるのに対し、K11はボルトアクション方式である。

運用[編集]

2008年10月、韓国陸軍はこの武器を2009年以降の分隊支援火器として配備していくことを決定した。

なお、2009年までにアラブ首長国連邦に40挺を輸出したとされる[2]

リコール・事故・不具合[編集]

2010年5月31日より国内部隊への供給を開始した。しかしながら、K11の不良率は47.5%にまでおよんでおり、欠陥が発見されたため当初の配備計画には届かず、現在は軍部隊への供給は中断されている[3]

2012年5月2日、韓国防衛事業庁は配備済みの246挺の全量リコールを発表した。撃発装置の設計変更、射撃統制装置・弾薬起爆装置のプログラム修正、電磁波干渉による誤動作の要因の除去をする予定である[4]

2014年5月30日、国防技術品質院が「K11複合小銃電磁波影響性実験」を行ったところ、同機種の20ミリ空中炸裂弾(知能型)は市販されている一般的な磁石を近づけるとその磁性を撃発信号と誤認識して暴発する危険があることが確認された[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]