JPL Horizons On-Line Ephemeris System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JPL Horizons On-Line Ephemeris Systemは重要な太陽系データや太陽系天体の非常に正確な天体暦のフレキシブルプロダクションへの容易なアクセスを提供する。

与えられた元期での接触要素英語版は天体の軌道(例として落ち着いた円錐軌道や二体軌道)と常に酷似している。実際の軌道(もしくは最良近似)は全惑星、数個の大きな小惑星、他いくつかの通常的に小さい力による摂動と考えられ、数値積分を必要とする。

ジェット推進研究所の天体暦は周期、離心率などを使用することは無いが[1]、代わりに直交座標系運動方程式を統合し、惑星の位置の近代的かつ高精度な測定に合うように初期条件を整えている[1]

システムはWWW電子メールTelnetの3つの方法で使用出来る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Alan B. Chamberlin (2006年2月28日). “Frequently Asked Questions (FAQ): What's the exact value of...”. JPL Solar System Dynamics. 2011年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]