HPCチャレンジベンチマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HPCチャレンジベンチマーク
作者 テネシー大学 ICL(Innovative Computing Laboratory)
最新版 1.4.3
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
ライセンス BSD
公式サイト http://icl.cs.utk.edu/hpcc/
テンプレートを表示

HPCチャレンジベンチマーク英語: HPC Challenge BenchmarkHPCC)は、HPCシステムのより現実的な性能を測定するための、複数の特性を評価するベンチマークのセットである[1]

DARPAHPCS計画や、アメリカ合衆国エネルギー省アメリカ国立科学財団の共同出資による[2]

また2005年以降は毎年のSupercomputing Conference(SC)において、HPCチャレンジベンチマークの一部を評価基準としたHPCチャレンジ賞(HPCCアワード)が発表されている[3]

概要[編集]

HPCチャレンジベンチマークは、HPL、DGEMM、STREAM、PTRANS、RandomAccess、FFT、Latency/Bandwidthの7つのベンチマークより構成される。HPLはLINPACK TPPベンチマークで、システムの浮動小数点演算性能の負荷テストである。STREAMは持続可能なメモリーの帯域幅を測定する。RandomAccessはメモリーのランダム更新速度を測定する。PTRANSはマルチプロセッサ用のメモリからの、大規模な配列データの転送速度を測定する。Latency/Bandwidthは多数のノード間など複雑性の高い通信パターンでの通信の遅延と帯域を測定する[4]

HPCチャレンジ賞[編集]

HPCチャレンジ賞競技会(英語: HPC Challenge Award Competition)は、毎年のスーパーコンピューティング・カンファレンスで実施され、結果が発表される。

HPCチャレンジ賞には以下の2クラスがある[5]

  • クラス1: HPCチャレンジのウェブサイトに提出された中から、稼動時の最高性能を評価する。
  • クラス2: HPL、STREAM、RandomAccess、FFTの中から3〜4個を選択し、さらにHPCチャレンジベンチマーク以外の任意のベンチマークを0〜2個選択し、合計4〜5個のベンチマークを実装する[注 1]。それらのプログラム実装の洗練さと性能の総合評価を行う。

上記のクラス1では、HPCシステムの総合性能を評価するために、多くの科学技術計算で用いられる以下の4つのベンチマーク指標を使用して、それぞれの順位が発表される[6]

  • Global HPL (G-HPL) - 巨大な連立1次方程式の算出における演算速度。LINPACK TPP。
  • Global RandomAccess (G-RadomAccess) - 並列プロセス間におけるメモリーのランダム更新速度。
  • Global FFT (G-FFT) - 高速なフーリエ変換における浮動小数点演算速度。
  • EP STREAM Triad (per system) - システム単位の多重負荷時におけるメモリ更新速度。

クラス1のHPCチャレンジ賞の歴代受賞システム(全4部門における各1位のみ)は以下の通り。

クラス1のHPCチャレンジ賞 受賞システム(全4部門、各1位のみ)
G-HPL G-RadomAccess G-FFT EP STREAM Triad (per system) 出典
2013 理研 IBM Power 775 理研 理研 [7][8]
2012 理研 IBM Power 775 理研 理研 [9] [10]
2011 理研 理研 理研 理研 [11][12][13]
2010 ORNL Cray XT5 LLNL BlueGene/P JAMSTEC SX-9 ORNL Cray XT5 [14][15]
2009 ORNL Cray XT5 LLNL BlueGene/P ORNL Cray XT5 ORNL Cray XT5 [16][17]
2008 ORNL Cray XT5 ANL BlueGene/P ANL BlueGene/P ORNL Cray XT5 [18][19]
2007 LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L SNL Cray XT3 LLNL BlueGene/L [20]
2006 LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L [21][22]
2005 LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L LLNL BlueGene/L [23][24]

クラス2のHPCチャレンジ賞の歴代受賞言語は以下の通り。賞の名前は年ごとに異なる。

クラス2のHPCチャレンジ賞 受賞言語
言語 所属 出典
2013 Winner XcalableMP 筑波大学計算科学研究センター理化学研究所計算科学研究機構 [8]
2012 Best Performance X10 IBM [10]
Most Elegant Language Chapel Cray
2011 Best Performance Charm++ イリノイ大学 [11]
Most Elegant Language Chapel Cray
2010 Most Productive System Unified Parallel C & X10 IBM [14]
Most Productive Language Coarray Fortran 2.0 ライス大学
2009 Best Performance Unified Parallel C & X10 IBM [16]
Most Elegant Implementation Chapel Cray
2008 Best Performance Unified Parallel C & X10 IBM [18]
Most Elegant Implementation Chapel Cray
Unified Parallel C & X10 IBM
Parallel MATLAB MathWorks
2007 Most Productive Research Implementation X10 IBM [20]
Most Productive Commercial Implementation Python/Star-P Interactive Supercomputing
2006 Best Overall Productivity Cilk MIT CSAIL [21]
Best Productivity in Performance Unified Parallel C IBM
Best Productivity and Elegance Parallel MATLAB MathWorks
2005 Class 2 Award was shared by 2 Unified Parallel C IBM [23]
Cray MTA/C Cray

脚注[編集]

  1. ^ HPCC
  2. ^ Cray X1 Supercomputer Has Highest Reported Scores on Government-Sponsored HPC Challenge Benchmark Tests
  3. ^ 2005 HPCC Awards
  4. ^ HPCC FAQ
  5. ^ HPC Challenge Award Competition
  6. ^ 「地球シミュレータ」がHPCチャレンジアワードの2指標で第3位を受賞  -Global FFT及びEP STREAM(Triad) per systemで各第3位-
  7. ^ スーパーコンピュータ「京」でHPCチャレンジ賞クラス1、2(初)を受賞 | 理化学研究所
  8. ^ a b 2013 HPCC Awards
  9. ^ スーパーコンピュータ「京」でHPCチャレンジ賞 3部門の第1位を獲得 - SC12(米・ソルトレイクシティ) | 理化学研究所
  10. ^ a b 2012 HPCC Awards
  11. ^ a b 2011 HPCC Awards
  12. ^ 京速コンピュータ「京」がHPCチャレンジ賞 4部門すべてで第1位を獲得 - 理科学研究所
  13. ^ Fujitsu : "K computer" No. 1 in Four Benchmarks at HPC Challenge Awards - 4-Traders
  14. ^ a b 2010 HPCC Awards
  15. ^ Jaguar and Kraken Shine in Supercomputing Challenge - HPC wire
  16. ^ a b 2009 HPCC Awards
  17. ^ Tennessee Supercomputing Titans Triumph at HPC Challenge - HPC wire
  18. ^ a b 2008 HPCC Awards
  19. ^ Oak Ridge Supercomputer Wins Big at HPC Challenge - HPC wire
  20. ^ a b 2007 HPCC Awards
  21. ^ a b 2006 HPCC Awards
  22. ^ HPC Challenge Benchmark at SC06 - HPC wire
  23. ^ a b 2005 HPCC Awards
  24. ^ IBM Wins Big in HPC Challenge Competition - HPC wire

注釈[編集]

  1. ^ HPL、STREAM、RandomAccess、FFTの中から3つのみを選択した場合、任意のベンチマークを最低1つは追加する必要がある。HPL、STREAM、RandomAccess、FFTのすべてを選択した場合は、任意のベンチマークは必要ではないが、1つのみ追加してもよい

関連項目[編集]

外部リンク[編集]