X10 (プログラミング言語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

X10 は、米国国防高等研究計画局高生産性計算機システムプロジェクトにより設立された PERCS スーパーコンピュータ・プロジェクトの一部として、IBMトーマス・J・ワトソン研究所で開発中の並列処理用のプログラミング言語である。

概要[編集]

X10 の主な草案者は Kemal Ebcioglu、Vijay Saraswat、Vivek Sarkar である[1]X10 は、Java言語の拡張されたサブセットで、多くの面で非常に似ているが、配列並行性のためのサポートが追加されている。X10区分化大域アドレス空間を使用する。またオブジェクト指向プログラミングと、非オブジェクト指向プログラミングの両方のパラダイムをサポートする。

X10 は、複数のプロセッサが処理完了前に互いの終了を待ってしまうというロックの膠着状態を防止するために、タスクの親子関係の概念を使用する。あるタスクは1つまたは複数の子タスクを生成でき、子タスクも更に子タスクを持つことができる。子は親の終了を待つ事はできないが、親は finish コマンドを使用して子の終了を待つことができる [2]

参照[編集]

  1. ^ X10: Programming for Hierarchical Parallelism and NonUniform Data Access (PDFファイル)
  2. ^ Biever, C 著、「Computer revolution poses problems for programmers」、ニュー・サイエンティスト誌、193巻、No. 2594.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]