DC++

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DC++
開発元 ピアツーピアのプロトコル(元はNeo-Modus.com)
最新版 0.791 Beta / 2012年1月14日
対応OS Microsoft Windows
種別 Peer to Peerフリーソフトウェア
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://dcplusplus.sourceforge.net/
テンプレートを表示

DC++(プラスプラス、DCPlusPlus)は、オープンソースで無料のファイルを共有する(P2P)クライアントソフトウェア1999年インターネット上で他のユーザとピアツーピアのプロトコル(元はNeo-Modus.com)で開発された。

豊かなファイルを持っているプログラムにしてビデオファイル、ドキュメント、ミュージック、書籍ファイルなどを容易に検索することができる。

CZDC++iDC++Opera's DC++StrongDC++ApexDC++KacDC++MCDC++を含む、いくつかの派生型も作成されている。

参考文献[編集]

  • 『P2P: Coppeer, Bitcoin, Gnutella, DC++, 4shared, Emule, Napster, Limewire, Megaupload, Shareaza, Torrent, Ares Galaxy, Rapid』(Fonte Wikipedia/著、2011年6月発行) ISBN 978-1231473221

関連項目[編集]

外部リンク[編集]