COFEE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
COFEE
開発元 マイクロソフト
種別 捜査支援ソフト
ライセンス Microsoft EULA
テンプレートを表示

COFEE(Computer Online Forensic Evidence Extractor)とは、マイクロソフト社が世界15カ国の捜査官に無償で配布した捜査支援ソフト。

概要[編集]

パスワードや暗号化されたソースからデータを引き出せるソフトウェアである。 USBサムドライブで配布されており、捜査対象のコンピュータに接続することで簡単に利用することができる。 また、所持、ダウンロード、使用が違法とされている。

配布先国[編集]

アメリカフィリピンニュージーランドドイツを含む世界15カ国の捜査官2000人以上が捜査に利用している。

配布に至った経緯[編集]

マイクロソフト本社で行われている捜査関係者の意見交換会から生まれた。

背景[編集]

2009年11月6日インターネット上に流出する。

外部リンク[編集]