8cmルフトミーネンヴェルファーM15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8 cm Luftminenwerfer M 15
種類 迫撃砲
原開発国 オーストリア=ハンガリー帝国
運用史
配備先 オーストリア=ハンガリー帝国
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
諸元
口径 8cm

8cmルフトミーネンヴェルファーM15(8 cm Luftminenwerfer M 15)とは第一次世界大戦オーストリア=ハンガリー帝国が使用した軽迫撃砲である。

圧縮空気で砲弾を打ち出す空気迫撃砲の初期の物で、この砲は第58歩兵師団によって設計され、最初の20門は師団の火器整備部隊によって作成された。いわゆる野戦急造兵器の一種であった。 以降の生産はブダペストにあるVereinigte Elektrische Maschinen A. G.で生産された。

外部リンク[編集]