10.5cmルフトミーネンヴェルファーM15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
10.5 cm Luftminenwerfer M 15
種類 medium trench mortar
原開発国 ドイツの旗 ドイツ帝国
運用史
配備期間 1915-1918
配備先 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
開発史
開発者 Ehrhardt & Sehmer
開発期間 1914-5
製造業者 Ehrhardt & Sehmer
製造期間 1915-6
諸元
重量 126kg

口径 105 mm
旋回角
最大射程 500m

10.5 cmルフトミーネンヴェルファーM15(10.5 cm Luftminenwerfer M 15)とは第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー帝国が使用した迫撃砲である。ルフト(Luft)とは空気のことで、火薬を使わずに圧縮空気の力で砲弾を飛ばす砲である。 圧縮空気の詰まったボンベを使い、一度に15発を発射することが出来た。 最大の利点は音と煙と光がほとんどないため、火薬式の迫撃砲のように発砲したことがわからないことにあった。

ドイツのEhrhardt & Sehmer社によって開発され、1915年7月31日に25門の砲と250本の圧縮空気ボンベと10,000発の砲弾が発注された。性能が不十分で1916年3月には改良型である12cmルフトミーネンヴェルファーM16が開発された。

1916年2月にロシア戦線に10隊の迫撃砲小隊が配備されていた。

関連項目[編集]