1984年欧州議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欧州議会議員選挙
Europarl logo.svg
実施地域 加盟10か国
日程 1984年6月14-17日
定数 434
有権者数 200,505,752
投票率 61%
前回選挙 1979年
次回選挙 1989年
選挙方法
北アイルランド以外のイギリスでは小選挙区制
そのほかは比例代表制
テンプレートを表示

1984年欧州議会議員選挙(1984ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)とは、当時の欧州共同体加盟10か国で行われた、欧州議会議員を選出する選挙。なお1981年にギリシャが、1987年にスペインポルトガルがそれぞれ欧州諸共同体に加盟しており、加盟10か国体制のもとで10か国が同時に選挙を行ったのは今回限りである。

この選挙の結果、中道左派系と右派系が極左系と中道右派系に勝利した。社会主義系各派は結束して議会における最大会派を形成し、また小規模グループの中でも極右系による会派や、グリーン・ポリティクス系とリージョナリズム系のグループによる「レインボー」と呼ばれる会派が形成されていった。

選挙前[編集]

議席数[編集]

加盟国ごとの議席配分数
議席数 議席数
西ドイツの旗 西ドイツ 81 ギリシャの旗 ギリシャ 24
イギリスの旗 イギリス 81 デンマークの旗 デンマーク 16
フランスの旗 フランス 81 アイルランドの旗 アイルランド 15
イタリアの旗 イタリア 81 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 6
オランダの旗 オランダ 25 欧州連合の旗 合計 434
ベルギーの旗 ベルギー 24

加盟国ごとの議席の配分数は1979年の選挙から変更されていない。1981年に加盟したギリシャには新たに24議席が配分されており、このため合計の議席数は410から434に増えた。

選挙[編集]

社会主義グループが前回の選挙から6議席増やして、合計で130議席を獲得した。また民主主義連盟も7議席増やして29議席となった。欧州人民党グループ、欧州民主主義グループ、共産系、リベラル系は議席を減らした。フランス国民戦線イタリア社会運動は会派「ヨーロッパ右派」を結成、欧州議会初の極右による会派ができた。またテクニカル・グループ・オブ・インデペンデンツはグリーン・ポリティクス系とリージョナリズム系からなる「レインボー・グループ」となった。

結果[編集]

1984年欧州議会議員選挙 最終結果(1984年7月23-26日)
会派 志向 代表 議席数
  SOC 社会民主主義 ルディ・アルント 130 PE1984e.png
  EPP キリスト教民主主義 エゴン・クレプシュ 110
  ED 保守 ヘンリー・プラム 50
  COM 共産主義極左 ジャンニ・チェルベッティ 41
  LD 自由主義自由民主主義 シモーヌ・ヴェイユ 31
  EDA 国民保守主義 クリスティアン・デ・ラ・マレーヌ 29
  RBW グリーン・ポリティクスリージョナリズム エルセ・ハメリッヒ
ヤーク・ヴァンデメーレブラウケ
ブラム・ヴァン・デア・レーク
パウル・スタース
20
  ER 極右ナショナリズム ジャン=マリー・ル・ペン 16
  NI 無所属・独立 - 7 合計:434 出典:[1][2]

外部リンク[編集]