1987年欧州議会議員選挙 (ポルトガル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1987年欧州議会議員選挙(1987ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、1986年1月1日欧州共同体(EC)に加盟したポルトガルとスペイン地域における欧州議会議員を選出するため共和国議会選挙と同じ7月19日に行われた欧州議会議員選挙である。本稿ではポルトガル共和国における選挙結果について取り上げる。

概要[編集]

12政党が名簿を提出して24の議席を争った。

  • 欧州議会議員定数(ポルトガル):24名
  • 選挙制度比例代表
    • 選挙区:全国1区
    • 投票:政党リストのいずれか一つに投票
    • 議席配分:全国での得票数に応じてドント方式で配分(議席阻止条項は無し)

選挙結果[編集]

  • 投票日:1987年7月19日
  • 有権者:7,787,603名
1987年欧州議会選挙、選挙結果
党派 得票数 得票率 議席
社会民主党 PPD/PSD 2,111,828 37.45 10
社会党 PS 1,267,672 22.48 6
民主社会中道党 CDS 868,718 15.40 4
統一民主同盟 CDU 648,700 11.50 3
民主刷新党 PRD 250,158 4.44 1
その他の政党 369,334 6.21 0
白票 68,475 1.21
無効票 74,240 1.32
合計 5,639,650 24

名簿を提出した12政党の内、5政党が議席を得た。同時に行われた共和国議会選挙と同様に中道右派のPSDが第1党となった。

参考文献・外部リンク[編集]