欧州人民党グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欧州人民党グループ
欧州議会会派
名称 欧州人民党グループ
英語略称 EPP(2009年6月22日 - )
EPP-ED[1](1999年7月20日[2] - 2009年6月22日)
EPP[1](1979年7月11日[3] - 1999年7月20日[2]
CD[2](1953年6月23日[3] - 1979年7月17日[3]
仏語略称 PPE(2009年6月22日 - )
PPE-DE[4](1999年7月20日[2] - 2009年6月22日)
PPE[3](1979年7月17日[3] - [2]
DC[3](1953年6月23日[3] - 1979年7月17日[3]
正式名称 欧州人民党(キリスト教民主主義)グループ(2009年6月22日 - )
欧州人民党(キリスト教民主主義)・欧州民主主義グループ[4][5][6](1999年7月20日[2] - 2009年6月22日)
欧州人民党(キリスト教民主主義)グループ[3][7](1979年7月17日[3] - 1999年7月20日[2]
キリスト教民主主義グループ(欧州人民党グループ)[3][7](1978年3月14日[3] - 1979年7月17日[3]
キリスト教民主主義グループ[2][7]
(1953年6月23日[3] - 1978年3月14日[3]
イデオロギー キリスト教民主主義
保守主義
自由保守主義
欧州政党 欧州人民党
結成 1952年9月11日(非公式)[8]
1953年6月23日(公式)[8]
代表者 マンフレート・ヴェーバー(2014年6月4日[9] - )
所属議員数 221人
ウェブサイト http://www.eppgroup.eu/
テンプレートを表示

欧州人民党グループ(おうしゅうじんみんとうグループ)は、中道右派欧州議会の政治会派欧州規模の政党である欧州人民党に参加する各国の政党に所属する欧州議会議員と少数の無所属議員で形成されている。

1999年から2009年まではイギリス保守党チェコ市民民主党などの欧州懐疑派の政党で作られていた緩やかな政党連合「欧州民主主義グループ」とともに「欧州人民党・欧州民主主義グループ」の名称で会派を形成していた。ところが2009年に欧州民主主義グループが離脱して新会派「欧州保守改革グループ」を結成し、欧州人民党・欧州民主主義グループの名称が改められることとなった。

欧州人民党グループは、その起源を欧州議会の前身である欧州石炭鉄鋼共同体の共同総会が招集された1952年9月まで遡ることができ、現存する会派としては最も古い3会派のひとつである。「キリスト教民主主義グループ」として結成され、当初は会派の勢力が下がり気味だったものの、1980年代から1990年代に、欧州人民党がしだいに拡大していき、中道右派ではあるがキリスト教民主主義系ではない政党に所属する議員が合流するようになって勢いを取り戻した。

その結果、欧州人民党グループは過半数は得ていないものの、欧州議会内の最大会派となっている。協力手続きで必要な過半数を確保するために、欧州人民党グループは社会主義グループとの「大連立」(1999年から2004年のあいだは欧州自由民主改革党グループと連携)を形成し、大連立を形成することで議会内において議席の過半数と権限を保持してきた。この大連立は形成され続けているが、サンテール委員会が提出した予算案に対して欧州人民党グループが反対して社会主義グループと対立し、連立の関係が割れるといったこともあった。

沿革[編集]

1952年9月10日、現在の欧州議会の前身である欧州石炭鉄鋼共同体の共同総会が開かれ、その翌日、マーン・サッセンを代表とするキリスト教民主主義グループが非公式ながらも結成された[8][10][11]。結成時、キリスト教民主主義グループは全78議席中38議席を持ち、絶対過半数に2議席足りていなかった[8][12]。1953年6月16日、共同総会において政治会派の正式な結成を可能にする決議が採択され[13]、同月23日には会派の綱領を発表してキリスト教民主主義グループは正式に結成された[8][12][14]

キリスト教民主主義グループは結成時には最大会派であったが、その後支持を失っていき、1979年の選挙まで第2会派となっていた。欧州諸共同体欧州連合に発展すると、新規加盟国の中道右派が必ずしもキリスト教民主主義を掲げているとは限らず、欧州人民党は欧州議会における勢力の衰退を危惧しだした[15]。ところがこの危惧に反して、欧州人民党はキリスト教民主主義にこだわらずに中道右派の政党を受け入れていき、保守系政党の合流を目指していった[15]

この保守系政党を受け入れていくという方針は成功した。ギリシャ新民主主義党スペイン国民党に所属する欧州議会議員が欧州人民党グループに合流したのである[15]。イギリスの保守党やデンマーク保守党は独自の会派である欧州民主主義グループを維持しようとしたが支持を受けられず、また少数会派に特有の諸問題から1990年代には解消を余儀なくされ、欧州民主主義グループに参加していた各会派は欧州人民党グループに合流することとなった[15]。ヨーロッパ中の中道右派が合流していく状況は1990年代を通して続き、イタリアフォルツァ・イタリアに所属する欧州議会議員も欧州人民党グループに加わっていくことになる。ところが合流しても会派としては一枚岩ではなく、キリスト教民主主義系と伝統的保守系とのあいだで、欧州懐疑主義の台頭による亀裂が生じていく[15]。欧州懐疑派の議員が会派内で集まり、かつての会派名「欧州民主主義グループ」として活動するようになった。

それでも会派としては、会派名を「欧州人民党・欧州民主主義グループ」に改めていたこともあって、1990年代をとおして分裂することなく存続し、最終的には1999年の選挙の結果を受けて欧州議会内の最大会派の座を取り戻すこととなった。

合流による会派の拡大が続いたとはいえ、全議席の過半数を得るまでとなったということではない。単一欧州議定書によって導入された協力手続きが求める欧州議会議員の過半数を満たすために、社会主義系グループ、あるいは自由主義系グループとの「大連立」は続けていた。予算案の採決をめぐって社会主義系グループと対立し、サンテール委員会を総辞職に追い込むなど、ときにほかの会派とともに与野党対決のような状況を作り出すといったことがあっても、連立関係は維持された。

ところがそのあいだに会派内グループの欧州民主主義グループを形成していた各党は活発に動き[16]2009年の選挙が終わった6月22日に、チェコの市民民主党やイギリスの保守党は新会派「欧州保守改革グループ」を結成して会派を離脱した。これを受けて欧州人民党・欧州民主主義グループは会派名を元の欧州人民党グループに戻した。

組織[編集]

欧州人民党グループは集団指導体制で運営されている。執行部は会派代表が1名、会派副代表が最大10名でそのうち1名は財務責任者となっている。会派の日常の運営は事務局長以下の事務局が担当している。また欧州人民党グループには独自のシンクタンク "European Ideas Network"[17]を設けており、ここでは中道右派の立場から欧州連合が直面している諸問題を議論するために、ヨーロッパ中の世論形成者を集めている。

2009年6月23日以降、執行部は以下のとおりとなっている[18][19]

歴代会派代表[編集]

欧州議会議員[編集]

国内政党 議員数
オーストリアの旗 オーストリア オーストリア国民党 6
ベルギーの旗 ベルギーフラマン語共同体 キリスト教民主フラームス 3
ベルギーの旗 ベルギー (フランス語共同体) 民主人道主義中道派 1
キリスト教社会党 1
ブルガリアの旗 ブルガリア ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民 5
青い連合民主勢力同盟など) 2
キプロスの旗 キプロス 民主運動党 2
チェコの旗 チェコ キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党 2
デンマークの旗 デンマーク 保守国民党 1
エストニアの旗 エストニア 祖国共和同盟 1
フィンランドの旗 フィンランド 国民連合党 3
キリスト教民主党 1
フランスの旗 フランス 国民運動連合 23
急進党 3
現代左翼 2
新中道 2
ドイツの旗 ドイツ キリスト教民主同盟 34
キリスト教社会同盟 8
ギリシャの旗 ギリシャ 新民主党 7
ハンガリーの旗 ハンガリー フィデス=ハンガリー市民同盟 14
アイルランドの旗 アイルランド フィネ・ゲール 4
イタリアの旗 イタリア 自由の人民 25
中道連合 6
イタリアのための未来と自由 2
欧州民主連合・南部の人民 1
南チロル人民党 1
ラトビアの旗 ラトビア 統一 4
リトアニアの旗 リトアニア 祖国同盟=リトアニア・キリスト教民主党 4
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク キリスト教社会人民党 3
マルタの旗 マルタ 国民党 2
オランダの旗 オランダ キリスト教民主アピール 5
ポーランドの旗 ポーランド 市民プラットフォーム 25
ポーランド農民党 4
ポルトガルの旗 ポルトガル 社会民主党 8
民主社会センター・人民党 2
ルーマニアの旗 ルーマニア 民主自由党 11
ルーマニア・ハンガリー人民主同盟 3
スロバキアの旗 スロバキア スロバキア民主キリスト教連合・民主党 2
ハンガリー人連合党 2
キリスト教民主運動 2
スロベニアの旗 スロベニア スロベニア民主党 3
新スロベニア 1
スペインの旗 スペイン 国民党 24
カタロニア民主連合 1
スウェーデンの旗 スウェーデン 穏健党 4
キリスト教民主党 1

MEPs by Member State and political groupによる。

活動[編集]

報道された活動[編集]

2004年6月から2008年8月までにかけての会派の活動には、パレスチナウクライナでの選挙監視[20][21]、ヨーロッパ鉄道網の拡充[22]、電話通信会社の規制撤廃[23]、共通エネルギー政策[24]ブルガリアルーマニアの欧州連合への加盟[25]共通農業政策の部分的な改革[26]、不法移民対策[27][28][29]南オセチアとの関係についてのロシアに対する非難[30][31][32][33][34]欧州憲法条約およびリスボン条約への賛成[35][36][37][38][39]、グローバリゼーションについての議論[24][40]中国台湾との関係[41][42]ホロコースト否認を非合法とする案への支持[43]アンナ・ポリトコフスカヤに対するサハロフ賞授賞の推薦[44]ダニエル・ハナンの除名[45]、欧州民主主義グループの離脱問題[46][47]などがある。その一方で、2009年の欧州議会議員選挙での投票率低下に対する取り組み不足や欧州社会党グループとの議長職についての取り決めに対する批判があった[48][49]

欧州議会での活動状況[編集]

欧州議会における議論や採決は欧州議会のウェブサイトで閲覧することができ、それらは会派別や関連する議院規程ごとに分類されている[50]。このページでの検索結果で各会派の欧州議会における活動状況がわかり、議論への参加の程度が示される。2004年8月1日から2008年8月1日までに欧州人民党・欧州民主主義グループは659件の動議に関与しており、この数値は当該期間において全会派のなかで3番目となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Simon Hix; Abdul Noury, Gérard Roland (2005年7月11日). “Democracy in the European Parliament (PDF)” (英語). UC Berkeley Department of Economics. 2009年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Political groups of the EP” (英語). Konrad Adenauer Stiftung. 2009年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Groupe du Parti Populaire Européen (Démocrates-Chrétiens) et des Démocrates Européens (PPE-DE)” (フランス語). Europe Politique. 2009年7月1日閲覧。
  4. ^ a b Annual Accounts of Political Groups” (英語). European Parliament. 2009年7月1日閲覧。
  5. ^ Your MEPs: Hans-Gert PÖTTERING” (英語). European Parliament. 2009年7月1日閲覧。
  6. ^ Your MEPs: Joseph DAUL” (英語). European Parliament. 2009年7月1日閲覧。
  7. ^ a b c Your MEPs: Egon A. KLEPSCH” (英語). European Parliament. 2009年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e EPP Chronology - 1951-1960” (英語). EPP Group. 2009年7月1日閲覧。
  9. ^ German MEP Manfred Weber elected as next EPP chairman” (英語). EurActiv. 2014年8月26日閲覧。
  10. ^ Composition of the Common Assembly (10-13 September 1952)” (英語). European NAvigator. 2009年7月1日閲覧。
  11. ^ van Kessel, Alexander (2008年10月7日). “SASSEN, Emanuel Marie Joseph Anthony (1911-1995)” (オランダ語). Instituut voor Nederlandse Geschiedenis. 2009年7月1日閲覧。
  12. ^ a b Chronology of European Integration 1945-2006 (PDF)” (英語). EPP Group. 2009年7月1日閲覧。
  13. ^ Assemblée commune, Résolution insérant dans le Règlement une disposition relative à la constitution des Groupes politiques (16 juin 1953)", in Journal officiel de la CECA, 21 July 1953, S. 155” (フランス語). European NAvigator. 2009年7月1日閲覧。
  14. ^ Statement of formation of the Christian-Democratic Group (23 June 1953)” (英語). European NAvigator. 2009年7月1日閲覧。
  15. ^ a b c d e Martens, Wilfried (2001年). “Shaping Europe - 25 years of the European People’s Party” (英語). EPP Group. 2009年7月1日閲覧。
  16. ^ Tories urged to make EPP split” (英語). BBC NEWS (2006年7月11日). 2009年7月1日閲覧。
  17. ^ Euroepan Ideas Network(英語)
  18. ^ Group structure”. EPP Group. 2009年7月1日閲覧。
  19. ^ Secretariat of the EPP Group”. EPP Group. 2009年7月1日閲覧。
  20. ^ News Report” (英語). European Parliament (2004年12月8日). 2009年7月1日閲覧。
  21. ^ Banks, Martin (2007年9月6日). “EU parliament group demands Ukraine election observers” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  22. ^ Fletcher, Anthony (2007年9月25日). “EPP-ED group backs EU rail shake-up” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  23. ^ Fletcher, Anthony (2007年11月14日). “EPP-ED backs EU telecoms shake-up” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  24. ^ a b EU Debates Globalisation Challenges, Opportunities”. Scoop"language=英語 (2007年11月15日). 2009年7月1日閲覧。
  25. ^ Enlargement Newsletter” (英語). European Commission (2006年9月29日). 2009年7月1日閲覧。
  26. ^ Parliament backs Commission's CAP mid-term review” (英語). EurActiv.com (2007年4月8日). 2009年7月1日閲覧。
  27. ^ EPP-ED conference tackles illegal immigration” (英語). MaltaMedia News (2007年7月6日). 2009年7月1日閲覧。
  28. ^ EPP-ED urges for Frontex patrols to restart” (英語). MaltaMedia News (2007年8月2日). 2009年7月1日閲覧。
  29. ^ MEP Busuttil EPP-ED voice on illegal work law” (英語). MaltaMedia News (2007年6月12日). 2009年7月1日閲覧。
  30. ^ Williams, Matt (2008年8月27日). “EPP-ED chief slams Russian recognition of Georgian regions” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  31. ^ MEPs Brok and Karas sent to Georgia to report on developments” (英語) (2008年8月19日). 2009年7月1日閲覧。
  32. ^ Banks, Martin (2008年8月14日). “Top MEP brands Moscow 'brutal' over Georgia” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  33. ^ Collins, Sarah (2008年8月20日). “EU aid to Georgia too slow, says MEP” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  34. ^ Banks, Martin (2008年9月1日). “MEPS call on EU leaders to condemn 'Russian intimidation'” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  35. ^ Waterfield, Bruno (2005年8月31日). “MEPs call for EU constitution re-run in France” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  36. ^ Juncker: "The European construction does not stop today"” (英語). EurActiv.com (2007年6月1日). 2009年7月1日閲覧。
  37. ^ Euro parliament EPP head calls for end to EU constitution referendams” (英語). Forbes.com (2005年8月6日). 2012年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月1日閲覧。
  38. ^ Johnson, Brian (2008年6月10日). “MEPs appeal to Irish to back EU reform treaty” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  39. ^ Williams, Matt (2008年1月16日). “MEPs: Kosovo and Lisbon treaty should top EU agenda” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  40. ^ Fletcher, Anthony (2007年11月14日). “EU debates 21st century globalisation” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  41. ^ CPC leader calls for bigger role of EU party groups in China-EU ties” (英語). 人民网 (2008年4月29日). 2009年7月1日閲覧。
  42. ^ Banks, Martin (2008年9月4日). “More MEPs call for Taiwan's membership of UN agencies” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  43. ^ Banks, Martin (2007年4月18日). “EU plans to outlaw Holocaust denial” (英語). 2009年7月1日閲覧。
  44. ^ 2007 Sakharov Prize for Freedom of Thought” (英語). European Parliament (2008年3月4日). 2009年7月1日閲覧。
  45. ^ British MEP thrown out of Parliament group over Nazi slur” (英語). EurActiv.com (2008年2月1日). 2009年7月1日閲覧。
  46. ^ Stephen Castle; Andrew Grice (2006年7月13日). “Cameron climbs down over plans for centre-right European alliance” (英語). The Independent. 2009年7月1日閲覧。
  47. ^ Head-to-head: Should Tories quit the EPP?” (英語). BBC NEWS (2006年6月6日). 2009年7月1日閲覧。
  48. ^ Turnout threat looms large over 2009 EU elections” (英語). EurActiv.com (2008年4月24日). 2009年7月1日閲覧。
  49. ^ Riegert, Bernd (2004年7月20日). “New EU Parliament Meets in Strasbourg” (英語). Deutsche Welle. 2009年7月1日閲覧。
  50. ^ Plemary sittings: Motion for resolutions - Advanced search

外部リンク[編集]