高雅で感傷的なワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高雅で感傷的なワルツ』(Valses nobles et sentimentales)は、モーリス・ラヴェル1911年に作曲したワルツ集。ピアノ独奏曲として作曲され、翌1912年管弦楽版が作られた。『優雅で感傷的なワルツ』『高貴で感傷的なワルツ』などの訳題も用いられる。また、『~ワルツ』でなく『~円舞曲』の訳が用いられることもある。ラヴェル自身はこのワルツ集を、シューベルトのワルツをモチーフとして作曲したものと述べている。

初演は1911年5月9日にパリのサル・ガヴォーにおける独立音楽協会(SMI)の演奏会において、ルイ・オベールのピアノ独奏によって行われた。この演奏会では作曲者の名は伏せられ、演奏後に誰の書いた曲かを当てると言うユニークな企画が催された。その際にこの曲がラヴェルの曲であると見破った聴き手は多かったが、一方でサティコダーイの作品と勘違いした者も少なくなかった[1]

管弦楽版は1912年に、ロシアのバレリーナ、ナターシャ・トルハノフからの依頼を受け、バレエ『アデライド、または花言葉[2]のための楽曲としてわずか2週間で作られた[1]。バレエの初演は4月22日シャトレ座において、ナターシャ・トルハノフのバレエ団、作曲家本人が指揮するラムルー管弦楽団によって行われ、1914年2月15日には純粋な管弦楽曲としての初演がサル・デュ・カジノ・ド・パリにおいて、ピエール・モントゥー指揮パリ管弦楽団によって行われた。

なお、管弦楽版の日本初演は、1938年9月28日日比谷公会堂にてヨーゼフ・ローゼンシュトック新交響楽団が行った。

構成[編集]

  1. Modéré
  2. Assez lent
  3. Modéré
  4. Assez animé
  5. Presque lent
  6. Vif
  7. Moins vif
  8. Épilogue: lent

の8曲の小品からなり、それぞれに違う表情を見せる1.~7.までのワルツとそれらの回想を含む8番目のワルツ(エピローグ)で構成されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b アービー・オレンシュタイン、井上さつき訳『ラヴェル 生涯と作品』音楽之友社、2006年、83-85ページ
  2. ^ 1820年頃のパリを舞台に、高級娼婦アデライドと、彼女をめぐって争う2人の男性の物語である(アービー・オレンシュタイン、前掲書、222ページ)。

外部リンク[編集]