高野鎮雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「髙野鎮雄」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

髙野 鎮雄(たかの しずお、1923年8月18日 - 1992年1月19日)は、日本ビクターの元副社長。事業部長だった頃にVHSの開発を指揮し、「VHSの父」「ミスターVHS」と呼ばれる。1986年に副社長に就任した。愛知県出身。

来歴・人物[編集]

旧制刈谷中学校(現・愛知県立刈谷高等学校)を経て、浜松高等工業学校(現静岡大学工学部)を卒業した。

VHS開発の経緯はNHKドキュメンタリー番組プロジェクトX〜挑戦者たち〜」で2000年4月4日に放送された「窓際族が世界規格を作った~VHS・執念の逆転劇~」で紹介され、大きな反響を呼んだ。また、この記録を元に製作された、西田敏行の主演による映画陽はまた昇る」が2002年に公開された。

関連項目[編集]