駄目な僕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
I Just Wasn't Made for These Times
駄目な僕
ザ・ビーチ・ボーイズ楽曲
リリース 1966年5月16日
録音 ゴールド・スター・スタジオ
1966年2月14日
コロンビア・スタジオ
1966年3月10日4月13日
ジャンル ポップス
時間 311
レーベル キャピトル・レコード
作曲者 ブライアン・ウィルソン/トニー・アッシャー
プロデュース ブライアン・ウィルソン
ペット・サウンズ 収録曲
  1. 素敵じゃないか
  2. 僕を信じて
  3. ザッツ・ノット・ミー
  4. ドント・トーク
  5. 待ったこの日
  6. 少しの間
  7. スループ・ジョン・B
  8. 神のみぞ知る
  9. 救いの道
  10. ヒア・トゥデイ
  11. 駄目な僕
  12. ペット・サウンズ
  13. キャロライン・ノー

駄目な僕」(だめなぼく、I Just Wasn't Made for These Times)は、アメリカロックバンドザ・ビーチ・ボーイズ楽曲1966年発表のアルバム『ペット・サウンズ』に収録。

革新的な考えを持つ男が周囲の人とうまく折り合えず、最終的に自分から人々の元を離れてしまうという歌詞の曲。ブライアンはリード・ヴォーカルのみならず、バッキング・ヴォーカルの大部分も自身で多重録音している。

なお、この曲ではロックでは従来あまり使われることの無かったテルミンが効果的に使用されており、大ヒット曲「グッド・ヴァイブレーション」での使用に先鞭をつけたものとして知られる。

1997年に発表されたステレオ・ヴァージョンでは、モノ・ヴァージョンの最初から8~10秒あたりで聴こえる、宇宙人の笑い声のような奇妙なノイズ(実際はテープを巻き戻す音)が完全にカットされた。

クレジット[編集]