香港終審法院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
終審法院
Hong Kong SAR Regional Emblem.svg
香港の政治
基本法

政府
   行政長官
   行政会議
   行政部門
   公営機構
立法会
区議会
司法機構
   終審法院
   法律制度 - 法例

選挙政党

港区全国人大代表
港区全国政協委員

其他香港系列
文化 - 経済
歴史 - 地理 - 教育

終審法院(しゅうしんほういん、英語: Court of Final Appeal)は、香港特別行政区司法機構における最高の上訴裁判所である。高等法院からの上告・上訴を管轄し、最終的な審判を下す。1997年に香港が中国へ返還されたのと同時に、設立された。返還前も香港には最高裁判所が存在したが、宗主国イギリス枢密院司法委員会に上訴することができた。この役割を担う機関として、返還後に設置されたのが終審法院であった。また、終審法院の設置により、返還前に香港に存在した「最高法院」は、返還後に高等法院となった。

終審法院があるビル

法解釈[編集]

終審法院には、法解釈権が与えられている。ただし、香港特別行政区の法律に限定され、全国性法律に対する解釈権はない。香港基本法を含めた全国性法律の解釈権は全人代常務委員会にある。実際には、全人代常務委員会の下にある香港マカオ基本法委員会が解釈について議論を行う。

1999年の香港居住権問題では、香港住民を片親に持ち、中国本土で生まれた子供が香港居住権を持つか否かが争点となった。終審法院は、香港法に対する解釈としてこれを認めた。しかし、全人代常務委員会は、香港基本法の規定に関わる事柄であり、この問題について香港の終審法院には解釈権がないとの判断を示した。その上で、香港住民が片親でも中国本土で生まれた子供には、香港居住権を認めなかった。つまり、香港の終審法院による解釈権が否定されるという事態が発生したのである。そのため、全人代常務委員会の解釈権は、香港における司法の独立を損なうものとの見方もある(香港特別行政区基本法#香港基本法に対する解釈権とその行使事例の項目も参照)。

終審法院の法官[編集]

終審法院の長は主席法官 (Chief Justice) である。終審法院主席法官は、香港司法機構の長でもある。行政長官が指名し、立法会の承認を経て、全人代常務委員会によって任命される。終審法院主席法官は、他国に永住権を持たない中国公民でなければならない。

首席法官[編集]

外部リンク[編集]