青地茂綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青地 茂綱
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 元亀元年9月20日1570年10月19日
官位 駿河守
幕府 室町幕府
主君 六角義治織田信長
氏族 蒲生氏青地氏
父母 父:蒲生定秀、母:馬淵氏
兄弟 蒲生賢秀茂綱小倉実隆、女(関盛信室)、女(神戸具盛室)
元珍

青地 茂綱(あおち しげつな)は、戦国時代の武将。蒲生定秀の次男。兄に蒲生賢秀、弟に小倉実隆がいる。子に青地元珍。六角氏のち織田氏の家臣

生涯[編集]

母が馬淵氏の出身であったので近江国人・青地道徹(馬淵一族)の養子となり、駿河守を称した。

はじめ六角氏に属し、永禄6年(1563年)2月11日付の着到状によると、率いた兵は1500騎を超えた(栗太志)とされる。「六角氏式目」にも連署、連者20名(序列が上から20番目以内ということ)に含まれている。

永禄11年(1568年)の織田信長が上洛するとこれに降る。以降は兄・賢秀と共に織田勢として伊勢北畠氏の攻略などに従軍。後に浅井氏朝倉氏織田氏と敵対すると宇佐山城の守備に森可成織田信治らと共に就くが、元亀元年(1570年)に浅井朝倉連合軍、約3万人が出撃したとの知らせを受けると、森可成や織田信治と共に城を打って出て坂本に陣を構え迎撃したが、敗れて討死した(宇佐山城の戦い志賀の陣)。

茂綱は休む間もなく激闘を繰り広げた末に壮烈な討死を遂げたが、浅井・朝倉勢が茂綱の首を切り落としたところ、喉から手拭いが転がり落ちてきた[1]。茂綱は濡れた手拭で口中の渇きを癒しつつ、次々と押し寄せる連合軍の敵兵に対処したのである[1]

家督は子の元珍が継いだ。

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』 学習研究社、2008年、p.186

参考文献[編集]

書籍
史料