電子ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
学研電子ブロック EX150
ブロックの一部
最上位機種 EX181に同梱されたシンセサイザーユニット

電子ブロック(でんしブロック)とは、電子ブロック機器製造と、のちに業務提携した学習研究社(現・学研ホールディングス)がかつて発売していた、電子実験をする玩具のこと。初期には象牙色のブロックを並べてゆくDRシリーズ(1965年発売)と、半透明なブロックとピンを刺して配線して行く廉価版電子ボードのSRシリーズ(1968年発売)を発売しブームを呼んだ。

その後、商品はブロックの抜き差しが小さな子供でも容易なSTシリーズ(1971年発売)へ進化。学研との業務提携後にSTシリーズをさらに進化させ、よりファッショナブルになったEXシリーズ(1976年発売)でブームは最盛期を迎え、上位機種EX150では、150の電子実験を行うことができた。なお、EXシリーズの最上位機種はEX150にシンセサイザーユニットを同梱して31の回路図を追加したEX181であり、さらにFMユニットが追加で販売されているので、回路図の数は計191回路となる。

1981年に発売されたFXシリーズを最後に一旦生産が打ち切られた。FXシリーズには基礎回路65+マイコン回路100のFX-マイコン R-165と、基礎回路65+サウンド・クロック回路80のFX-メロディ&ウォッチが存在する。マイコンユニット、クロックユニット+サウンドブロックがそれぞれ別途販売されていたので、FX-マイコン R-165にクロックユニット+サウンドブロックを追加、もしくはFX-メロディ&ウォッチにマイコンユニットを追加することにより、基礎回路65+マイコン回路100+サウンド・クロック回路80の合計245回路の実験ができた。

2002年にEX150の復刻版が発売され、さらにその復刻版オリジナル拡張キットとして「拡張キット光実験60」が発売された。 EXシリーズは、A4程度の大きさの本体に48の差み口がある。46のブロックトランスとキースイッチはブロック2つ分の大きさ)には、14種類の抵抗器、2種類のダイオード、8種類のコンデンサ、2種類のトランジスタ、5種類の配線専用ブロック、およびコイルランプトランス、キースイッチが含まれる。これらのブロックを48の差込口に差込み、回路を形成する。作成できる回路には水位報知器、うそ発見器、明るくなると鳴るフォトラジオなどがある。

2009年6月には大人の科学マガジン vol.24 の付録としてFX-マイコン R-165 のマイコンユニットを再現し外部入力を省略した4ビットマイコンGMC-4が発売された。

類似品として、ドイツのブラウンがドイツ国内で発売していたLectronという電子ブロックがある。

各シリーズと沿革[編集]

  • 1965年 電子ブロックDRシリーズを発売(電子ブロック機器製造)
    • DR-7 50回路
    • DR-7DX 60回路
    • DR-1A 14回路、オプション品追加購入で16回路
    • DR-2A 30回路
    • DR-4A ICデラックス 120回路
  • 1968年電子ブロックSRシリーズを発売(電子ブロック機器製造)
    • SR-1A 16回路
    • SR-2A 30回路
    • SR-3A 100回路
    • SR-3ADX 105回路
    • SR-4ADX 150回路
  • 1968年 MAGIC-7 20回路 を発売(電子ブロック機器製造)。

回路を直接組み立てる他のセットとは異なり、象牙色の7個の暗号ブロックの並べ替えで20種の装置に変化させる事が出来た。玩具色が強く、使いやすさを重視しているため、応用できる範囲が狭く、回路原理を学ぶことには向いていない。また、組める回路が20種類と少ない割に価格は8,500円と高価であった。20回路の内訳は、レフレックス式の3石ラジオとフォトラジオの他、低周波発振、及びそれを中波帯(ラジオの周波数帯)でAM変調したもの、さらに短波帯(27.125MHz…本製品には「27.125MC(メガサイクル)」と表記)でAM変調したもの、以上3種類の方法で、それぞれ光線警報器、水位報知器、遮光警報器、断水報知器が構成されている。同様に、音声を中波帯と短波帯(27.125MHz)でそれぞれAM変調するワイヤレスマイクやトランシーバー、インターホンの回路もある。そのため、27.125MHzの送受信用の子機が付属している。しかし、付属していず、別売となっているセットもある、との旨が同梱のマニュアルに書かれている。これは、買い求めやすくするため、追加パーツでグレードアップしていく他のシリーズと同じ考えに基づくものと推察される。

  • 1971年 電子ブロックSTシリーズを発売(電子ブロック機器製造)
    • ST-25 25回路
    • ST-45 45回路
    • ST-100 100回路
    • ST-125 125回路…アンプユニット(黒)がOTL回路で構成されている。ST-100から追加パーツでグレードアップ可能だが、ST-100までのアンプユニット(青)は出力トランスを使用している。
    • ST-155 155回路…アンプユニットについてはST-125と同じ。
  • 1972年 学研が電子ブロックSRシリーズ、STシリーズを発売(学研と電子ブロック機器製造株式会社が提携)
  • 1976年 学研電子ブロックEXシリーズを発売(学研)。ブロックの大きさや形状はSTシリーズと同じで互換性あり。
    • EX-15 15回路
    • EX-30 30回路
    • EX-60 60回路
    • EX-100 100回路
    • EX-120 120回路
    • EX-150 150回路
    • 1979年 EX-181 181回路
  • 1981年 FXシリーズを発売(学研)。ブロックの大きさや形状はEXシリーズと同じで互換性あり。つまりSTシリーズとの互換性もある。
    • FX-メロディ&ウオッチ 145回路
    • FX-マイコンR-165 165回路
  • 1986年 電子ブロック全シリーズ生産中止
  • 1998年 ST-100機能再現モデルを発売(電子ブロック機器製造)。ST-100の「機能」を再現したものであり、ブロックやケース等の大きさ及び形状は本来のSTシリーズと異なり、互換性はない。
  • 2002年 EX150復刻版を発売(学研)
  • 2008年 EX150新装版を発売(学研)
  • 2011年 電子ブロックmini 50回路、25ブロック。大人の科学マガジン Vol.32の付録で、本体は使う前に組み立てる必要がある。ブロックの大きさや形状はEXシリーズと同じで互換性あり。つまりSTシリーズやFXシリーズとの互換性もある。
  • 2014年 EX150復刻新装版を発売(学研ステイフル

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]