GMC-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GMC-4(ジーエムシーフォー)は、4ビットマイクロコンピュータで、学研より発売された大人の科学マガジン vol.24 の付録である。同社が1981年に発売した学研電子ブロックFXシリーズの一つであるFX-マイコンR-165のマイコンユニットと互換性がある。

概要[編集]

GMC-4は80ニブル(40バイト)のプログラムメモリ(00~4F番地)と16ニブル(8バイト)のデータメモリ(50~5F番地)のRAMを持つ。この領域に機械語やデータを入力することにより2進LED,7セグメントLED,スピーカー等を制御する。

レジスタセット[編集]

GMC-4は4つのレジスタと4つの補助レジスタを持つ。

レジスタ アドレス
A 6F
B 6C
Y 6E
Z 6D
A' 69
B' 67
Y' 68
Z' 66

命令セット[編集]

基本命令として以下のものがある。

オペコード ニーモニック 内容 Flag
0 KA K→Ar キー入力有→0
1 AO Ar→Op 1
2 CH Ar⇔Br , Yr⇔Zr 1
3 CY Ar⇔Yr 1
4 AM Ar→(Yr) 1
5 MA (Yr)→Ar 1
6 M+ Ar+(Yr)→Ar 桁上がり→1
7 M- Ar-(Yr)→Ar マイナス→1
8 TIA □ □→Ar 1
9 AIA □ Ar+□→Ar 桁上がり→1
A TIY □ □→Yr 1
B AIY □ Yr+□→Yr 桁上がり→1
C CIA □ Ar≠□→Flag 不一致→1
D CIY □ Yr≠□→Flag 不一致→1
F JUMP □□ if(Flag)goto□□ 1

CAL命令は以下の通り。

Opコード ニーモニック 内容(CAL命令はFlag=1の時だけ実行) Flag
E0 CAL RSTO 0→数字LED 1
E1 CAL SETR 1→2進LED[Y] 1
E2 CAL RSTR 0→2進LED[Y] 1
E4 CAL CMPL NOT(Ar)→Ar 1
E5 CAL CHNG A,B,Y,Z⇔A',B',Y',Z' 1
E6 CAL SIFT Ar%2→Flag,Ar/2→Ar Ar[0]
E7 CAL ENDS エンド音 1
E8 CAL ERRS エラー音 1
E9 CAL SHTS ショート音 1
EA CAL LONS ロング音 1
EB CAL SUND Arの音階の音 1
EC CAL TIMR (Ar+1)×0.1sec待ち 1
ED CAL DSPR (E)→2進LED[0:3],(F)→2進LED[4:6] 1
EE CAL DEM- DEC((Y)-Ar)→(Y),Y-- 1
EF CAL DEM+ DEC((Y)+Ar)→(Y),Y-- 1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]