陳宝箴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陳 宝箴(ちん ほうしん、Chen Baozhen1831年 - 1900年)、字は右銘は、末の変法派の官僚。

江西省義寧(現在の九江市修水県)出身。1851年挙人となった。団練を率いて太平天国軍と戦い、義寧州城の回復に功があったため、知県候補に挙げられた。1862年安慶曽国藩と面会し、「海内奇士」と賞された。洋務運動期には、曽国藩のもとで軍備強化に尽力した。1895年、湖南巡撫に就任。当時、湖南省では黄遵憲江標徐仁鋳欧陽中鵠熊希齡、梁啓超、唐才常譚嗣同皮錫瑞、子の陳三立などが変法派として活動していた。彼自身も変法派に積極的にかかわり、湖南省の各州県に『湘学報』を定期購読するように命じた。1897年には長沙に時務学堂が建設されるのを援助し、1898年2月には南学会で講演を行っている。こうして湖南省は変法派の重要な拠点となった。そのため守旧派から攻撃され、楊深秀の弁護で事なきを得たこともあった。陳宝箴は「湖南の開化を己の任務としていた」(梁啓超)のである。しかし戊戌の政変がおきると、陳宝箴は劉光第楊鋭を推薦したことで「奸邪を招引した」として罷免された。江西省南昌に引退し、1900年南京に転居したがその年に死去した。

詩人の陳三立は子、画家の陳衡恪と歴史家の陳寅恪は孫にあたる。

先代:
徳寿
湖南巡撫
1895-1898
次代:
俞廉三