団練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

団練(だんれん)は、代の地方民兵制度。19世紀初頭の白蓮教徒の乱で地方の郷紳に武装自衛集団を作らせたことから始まる。その後、太平天国の乱捻軍の蜂起に対して、正規軍である八旗緑営が機能しなくなっており、清朝は再び地方の地主たちを動員し、団練の基礎の上に成り立つ地方軍が形成された。中でも湘軍淮軍は後年の軍閥割拠のもとになるほどの実力をもった。

関連項目[編集]