防衛漫玉日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
防衛漫玉日記
ジャンル ギャグ漫画
漫画
作者 桜玉吉
出版社 エンターブレイン
掲載誌 コミックビーム
レーベル ビームコミックス
発表期間 1995年12月号 - 1997年1月号
巻数 全2巻
話数 全13話
テンプレート - ノート

防衛漫玉日記』(ぼうえいまんたまにっき)は、桜玉吉作のギャグ漫画。「漫玉日記」シリーズの第1作。

概要[編集]

週刊ファミコン通信増刊ファミコミ」1994年秋の号より、この作品の原型にあたる『トル玉の大冒険』が連載された。その後「コミックビーム1995年12月号より、題名を『防衛漫玉日記』に改め、月刊連載された。『トル玉の大冒険』の題名は、当時ヒットしたゲーム『トルネコの大冒険』のパロディだが内容とはあまり関係無い。

桜玉吉本人と、担当編集者であり友人でもあるO村、ヒロポンらの取材や日常に基づく日記漫画であり、『しあわせのかたち』終盤において度々登場した『しあわせのそねみ』の作風を色濃く受け継いだ、ネガティヴな状況を笑いに転換する内容で、以後の作品の基盤となった作品である。この頃は重度の鬱や、それに伴う前衛的かつ極端な表現はあまり見られず、『しあわせのかたち』後期の形式を受け継いだ作風となっている

登場人物[編集]

桜玉吉
もちろん作者本人。つりをして異星人を退治したり、船舶免許を取り、自動二輪免許を取り、代々木アニメーション学院に体験入学し、それらをネタに漫画を描く日々を送る。
O村
A書店からアスキー(当時)に引き抜かれて来た編集者。A書店在籍時から玉吉とは親しい関係。時々エロな方向に暴走することもある。もちろん後にコミックビームの編集長になる奥村勝彦である。
ヒロポン
しあわせのかたち』連載時からの玉吉の担当編集者。にょーと奇声を上げ、奇行に及び、何をやっても頼りにならない堕落したトラブルメイカー役。
金田一
玉吉に船舶免許所得を勧めるなどする扇動役。性格は冷静で色々と頼りになる。当時のコミックビームの編集長、金田一健である。作中での愛称は「金ちゃん」。
ポン子ちゃん
玉吉たちが憧れるメガネでショートヘアの女性編集者。日記マンガの登場人物ではあるが架空の人物(玉吉の理想の人物)であったとされている。

単行本[編集]

  1. 1996年8月初刷発行 ISBN 4757705131 (『トル玉の大冒険』全4話も収録)
  2. 1997年3月初刷発行 ISBN 475770187X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]