御緩漫玉日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御緩漫玉日記
ジャンル ギャグ漫画エッセイ漫画
漫画
作者 桜玉吉
出版社 エンターブレイン
掲載誌 コミックビーム
レーベル ビームコミックス
発表期間 2003年 - 2007年
巻数 全3巻
テンプレート - ノート 

御緩漫玉日記』(おゆるりまんたまにっき)は、桜玉吉作のギャグ漫画。「漫玉日記」シリーズの第3作。

概要[編集]

『月刊コミックビーム2003年11月号から連載。念願叶って手に入れた伊豆の一軒家での生活を描く日記漫画。また、多摩川の近くに新しく仕事場を借りた頃の回想的な物語も不定期に描かれるが、前々作、前作において見られた、鬱症状を描いた内容および現実と虚構が交錯するメタ表現が顕著に出ており、それに合わせて画風も濃い水墨画を用いた大胆な作風になる事が多い。作品によっては独白のみを描き殴ったような実験的作風も見られ、今まで以上に幻想的な展開となっていく。

登場人物[編集]

現在編[編集]

桜玉吉
作者本人。ついに長年の夢だった伊豆への移住を果たす。
M氏
伊豆の不動産屋の店長。物腰の穏やかな男性。
K氏
伊豆の銀行員。映画「無責任シリーズ」の植木等のような舌先三寸で玉吉を振り回す。

過去編[編集]

タモ吉
作者本人。それまでカラーの漫画しか描いた事が無かったが、初めてスクリーントーンを使ったモノクロ原稿を手がけ始める。
白瀬
担当編集者。ヒロポンの事だが、この作品では鼻提灯や奇声奇言は無く普通の青年として描かれる。
牛田トクコ
漫画専門学校の女子学生。アシスタントとしてタモ吉の元にやって来る。眼鏡をかけていて、若さと巨乳とやや天然ぼけな性格で、計らずもタモ吉を困惑させる。
種村
タモ吉と親しい編集者。男しかいない前職場と女性編集者もいる現職場とのギャップに暴走寸前。奥村勝彦の事である。

単行本[編集]

  1. 2005年1月刊行 ISBN 4757721439
  2. 2006年1月刊行 ISBN 4757725957
  3. 2007年4月刊行 ISBN 4757733534

関連項目[編集]

外部リンク[編集]