釘町彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

釘町彰(くぎまち あきら、1968年10月31日 - )は日本画家美術家。フランス、パリに在住、制作活動を行う。 揉み紙を施した和紙に、天然岩絵の具により、ランドスケープ、光、海などを描く。


略歴[編集]

神奈川県生まれ。3歳から8歳までの5年間ベルギ-で育つ。暁星小学校暁星中学校暁星高等学校を経て、多摩美術大学絵画学科日本画専攻入学。
1993年多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業(首席、国際瀧富士美術賞受賞)
1995年多摩美術大学大学院修士課程修了。学部在学中は上野泰郎、大学院在学中には松尾敏男に師事する。また学部在学中より千住博の助手を務める。
1995年-1996年マルセイユ国立美術学校にて研修。Support Surface 運動に関わりのあるChristian Jaccard、及び Gerard TRAQUANDIに師事。
1999年パリ第8大学大学院メディアアート科修士課程修了。Jean-Louis BOISSIERに師事。修了論文タイトルは「時間装置としてのアート(日本石庭から現代アートまで)」。
2000年-2002年文化庁在外派遣芸術家としてパリで活動。
2003年より精力的に個展を中心に作品発表を行う。現在、パリ在住。 揉み紙を施した和紙に天然岩絵の具という日本画の技法により、ランドスケープ、光、海などを描く。
2006年にはマルセイユ国立美術大学で、ワークショップを行い学生の指導にあたっている。
写真表現からのインスピレーションを基に絵画の領域を広げようとする現代的視点は日本画の領域に限定されず、現代アートとして空間インスタレーションへの志向を実現している。建築と一体化した作品設置や現代茶室における棗制作など、様々な作家とのコラボレーションも展開。
2012年には香川照之、歌舞伎界デビューにおける襲名記念の扇子を制作している。
2013年-2014年 パリ6区の高田賢三氏邸宅、楕円形メインサロンに全8面の壁画を制作。

主な展覧会[編集]

2003年

  • 個展《Infinity Waves》(新生堂/東京)

2005年

  • private collection -個人邸内装画制作-(rue caire/パリ)

2006年

  • 個展《釘町彰新作展》(新生堂/東京)
  • 個展《釘町彰作品展》(渋谷東急本店/東京、大阪高島屋/大阪)
  • ワークショップ《image/paysage/mouvement》(マルセイユ国立美術学校/マルセイユ)
  • 個展Akira KUGIMACHI 《Paysage》(Galerie Laurence Belle/フランス)

2007年

  • 個展《Seascape&Trees》(天満屋/広島、福山、岡山’08)
  • 東美アートフェア《Seascape》(東京美術倶楽部/東京)
  • アート上海2007(上海世貿商城/中国)
  • シカゴレッドアートフェアAF2007 (シカゴ)

2008年

  • アートフェア東京2008《Lightscape》(東京国際フォーラム/東京)
  • 個展《釘町彰展Seascape Daylight》(西武アートフォーラム/東京)
  • 個展《釘町彰展》(渋谷東急本店/東京)

2009年

  • 東美アートフェア《Trees+Seascape》(東京美術倶楽部/東京)
  • アートフェア東京2009《Shadows+Lightscape》(東京国際フォーラム/東京)
  • 個展《Lightscape spectrum》(ギャラリーショアウッド/東京)

2010年

  • 個展《サンクチュアリ》(西武渋谷店/東京)
  • 個展《釘町彰展》(日本橋三越本店/東京)

2011年

  • 《Tragique du paysage》(Galerie Eric Mircher/パリ)
  • 立源寺(東京目黒)に作品永久展示
  • 個展《Lightscape Seasons》(日本橋高島屋/東京)

2012年

  • アートフェア東京2011《Snowscape》(東京国際フォーラム/東京)
  • 《A force de regarder au lieu de voir》(ART-CADE/マルセイユ) 

2013年

  • 個展《Snowscape》(日本橋三越本店/東京)
  • 高田賢三氏邸宅に全8面壁画制作

主な受賞歴[編集]

  • 国際瀧富士美術賞(1993年)

外部リンク[編集]