鄭克ソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「鄭克塽」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
鄭克塽
生誕 1670年永暦24年)
台湾
死没 1717年康煕56年)
北京
職業 延平郡王海澄公
配偶者 馮錫範の娘

鄭 克塽(てい こくそう、Zhèng Kè shuǎng, 1670年8月13日-1717年9月22日)は鄭成功の孫、鄭経の次男である。 幼名はと言い、人は秦舍と呼んだ。字は実弘で、晦堂と号した。1681年、鄭経と陳永華が相次いで死去すると、重臣の馮錫範が鄭経の従兄弟達と組んでクーデターを起こし、監国鄭克𡒉を殺し、わずか十二歲の鄭克塽を延平郡王とした。

1683年清朝の水師提督施琅澎湖海戦において大いに鄭軍の艦隊を破り,澎湖諸島を占領すると、鄭軍の主将劉国軒は、台湾に逃げ戻った。馮錫範は遂に鄭克塽に清に降ることを勧めた。7月5日、馮錫範は鄭徳瀟に命じて、降表を書かせた。7月15日、馮錫範は、将である鄭克塽を施琅の元に送った。8月13日、施琅は台湾に入り、降伏を受け入れた。その後、鄭克塽は、北京に赴き、漢軍正紅旗に組み入れられ、海澄公[1]に封じられた。康熙四十六年(1717年),鄭克塽は病没した。爵位を継ぐ者はいなかった。

鄭克塽は、馮錫範の娘を娶り、鄭安福をもうけた。弟は鄭克挙である。鄭克塽の死後,その母の黄氏は、清朝に鄭家の財産を戻すことを要求したが,受け入れられなかった。

台湾の著名な詩人である鄭愁予は、鄭克塽の子孫である。

鹿鼎記』の中の鄭克塽[編集]

鄭克塽はまた、金庸武侠小説である『鹿鼎記』の中にも出てくる。小説の中では、鄭克塽の年齢は10歳多くされている。また、李自成陳円円の娘の阿珂と相思相愛とされている。後に、阿珂は韋小宝と結婚することになり、鄭克塽とは別れた。『鹿鼎記』の中では、かなり、悪役にされている。

注釋[編集]

  1. ^ 『清史稿』では、「漢軍公」とあるが、「諸臣封爵世表」では「海澄公」としてあり、これが正しい。

參考文献[編集]

  • 清史稿』.卷二百二十四.列傳十一