論点のすり替え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

論点のすり替え(ろんてんのすりかえ、: Ignoratio elenchi)は、非形式的誤謬の一種であり、それ自体は妥当な論証だが、本来の問題への答えにはなっていない論証を指す。"Ignoratio elenchi" とは ignorance of refutation(反駁とは何であるかを知らないこと)の意。"elenchi" はギリシア語の έλεγχος に由来し、反駁の主張・論証を意味する[1]論点相違の虚偽(ろんてんそういのきょぎ)、論点無視の虚偽(ろんてんむしのきょぎ)ともいう(広辞苑)。

アリストテレスは、論点のすり替えは相手の主張に反駁する際に犯してしまう間違いであると考えていた。そのため彼は、その当人が反駁とはどういうものかについて無知なのだとした。アリストテレスにとって、論点のすり替えは論理を知らないことに等しい。実際、アリストテレスは全ての論理的誤謬は論点のすり替えに還元されるとまで言っている。

現代では、アリストテレスほど広い意味で使われているわけではない。

燻製ニシンの虚偽[編集]

論点のすり替えに似たものとして燻製ニシンの虚偽(Red herring)がある。これは意図的に論点をすり替えたり、故意に議論を発散させる行為を指した批判的な用語である。この奇妙な用語について、猟犬の訓練に燻製ニシンを使い、猟犬が燻製ニシンの臭いに惑わされないようにしたことに由来すると説明されるのだが、語源学者のマイケル・キニオンによれば1800年代の週刊新聞ジャーナリスト、ウィリアム・コベットがこの比喩をもちいたことに由来するものらしく、また実際の猟犬の訓練ではそのようなトレーニングが行われるようなことはないようである。

おまえだって論法[編集]

おまえだって論法(Tu quoque)も意図的な議論の発散を狙ったものと言える。これは、相手の主張やアドバイスについて、発言者自身もそれができていないことを指摘するものである。おまえだって論法は人身攻撃と共に使われ、発言者を貶めるような文言が含まれることが多い。

論理的には確かにすり替えではあるが、「だからこそ、まずは我が身を正すべき」という理解もできる。また、二重規範を諌める趣旨でなら、妥当とも言えよう。

例:「無免許運転はいけないと言うが、あいつだって無免許運転してるだろうが。」 「だから自分の無免許運転も許されて然るべき」という意味でなら詭弁であり、「だから、あいつもきちんと検挙してくれよ(俺だけを槍玉にあげるなよ)」というダブルスタンダードを諌める意味でなら妥当である。

[編集]

  • 『野球選手のマーク・マグワイアははナイスガイで、いろいろなチャリティーを行っている。彼は絶対殿堂入りするだろう。』
    単なる意見ではなく論証の結論として述べている場合、結論部分は論点のすり替えである。親しみやすさやチャリティは殿堂入りの主要な要件ではない。
  • 『(飲食店で迷惑行為をする客を制止した店員に)お前はそんなに偉いのか!何様だ!むこうへ行け!』
    客が迷惑行為(営業妨害・暴行行為)をおこないそれを制止することと、店員が自らを立派(偉い)だと考えているかどうかは無関係である。また「偉く(立派で)なければ制止してはならない」という命題にも根拠がない。ただし、例えば器物破損など不法行為を行っている客に対して店員が弁償を求めた場合に「代表権を持たない従業員が法律行為を行えるのか?」という意味で「偉いのか?」と問うたならば妥当な主張である可能性がある。
  • 『スピード違反の罰金は払わない。街にはもっと危険な犯罪者がいるし、警察は私のような善良な市民ではなく、そういう犯罪者を追うべきだ。』
  • 『スピード違反の罰金は払わない。みろよ。いまも凄いスピードで車が走り抜けているじゃないか。俺じゃなくあちらを捕まえに行けよ。』
    他に犯罪者や違反者がいるかどうかは、当人がスピード違反の罰金を支払うべきかどうかとは無関係な補助的な問題である。当人が意図的に論点をすり替えようとしているなら、これは燻製ニシンの虚偽である。警察官が勤務時間をどう使うかという問題は意味があるかもしれないが、警察官がどう優先順位付けして犯罪者を追うかという問題と、捕まえた人をどうすべきかという問題は別の問題である。
  • 『総理の財政政策は好評かもしれないが、私は彼が不倫をして、相手の女性に金を払って黙らせた証拠を持っている。メディアはそれを報道するべきだ!』
    意図的に論点をすり替えている燻製ニシンの虚偽の例である。しかし、総理大臣の品行を含めた高潔さが重要なテーマ(話題)であった場合、この主張は完全に妥当である。
  • トーマス・ジェファーソンは奴隷制度は間違っていて廃止されるべきだと主張したが、ジェファーソン自身も奴隷を所有していた。したがって明らかに奴隷制度は間違っていない。』
    おまえだって論法の例。奴隷制度の可否はジェファーソンがどうだったかとは無関係である。ジェファーソンの主張の妥当性は、彼が奴隷を所有していたかどうかとは無関係である(ジェファーソン自身の偽善の可能性の問題は生じるが、ジェファーソンの言行の不一致を根拠に奴隷制度の正当性が認められるわけではない)。
  • 『腕時計を乱暴に扱うと壊れやすくなるというが、丁寧に扱っても壊れる腕時計だってあるのだから、腕時計を乱暴に扱うのは問題ない。』
    回避された論点(論点回避)に論点がすり替えられた例。【(1)腕時計を乱暴に扱うと壊れやすくなると仮定する(2)これは「腕時計は丁寧に扱えば壊れない」との命題と同じ主張であると仮定する(3)腕時計を丁寧に扱っても壊れる例がある(4)よって(2)に含まれる命題が否定される。《さて、仮説(2)は論じるまでもなく真であるから、つまり》腕時計を乱暴に扱うと壊れやすくなるという(1)の仮説は誤りである】。まず(2)の仮定はその真偽が問われることなく回避され(暗黙に肯定し)ており、また(2)の仮説に含まれる命題(「腕時計は丁寧に扱えば壊れない」)を検証することに話題がすり替えられている。つぎに(2)に含まれる命題の検証をもって(1)の検証をおこなったものと《すり替えられている》。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]