省略三段論法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

省略三段論法(しょうりゃくさんだんろんぽう、または省略推理法説得推論ギリシャ語ἐνθύμημα, enthýmema, 英語enthymeme, エンテュメーマ)とは、(現代的な意味で)結論を導くために述べなければならない前提を述べない、略式の三段論法のこと。省略三段論法で、前提の一部を述べないのは、それが推定されるものだからである。「省略三段論法」という語は、より広義に、三段論法より不完全な形式の主張を指すことも時々ある[1]。『弁論術』でこの語を定義したアリストテレスにとって、「省略三段論法」はありそうなことに基づいた修辞的な三段論法で、科学的な三段論法とは区別される。科学的な三段論法は実証を目的とするが、省略三段論法は説得を目的とするものである[2]

省略三段論法の各部[編集]

  • ソクラテスは人間なので死を免れない。
    この文は三段論法では以下のように分析される。
    • 全ての人間は死を免れない。(大前提)
    • ソクラテスは人間だ。(小前提)
    • ゆえに、ソクラテスは死を免れない。(結論)
    しかしここでは、小前提と結論のみが述べられ、大前提は推定されるもの、つまり暗黙の前提として省略されている。
  • 指紋が一致しないのだから、被告は無罪となるべきだ。
    この文は以下のように分析される。
    • もし証拠が被告に合わないのであれば、無罪を要求する。(大前提。述べられていない)
    • 指紋は被告のものではない。(小前提。述べられている)
    • 指紋は証拠である。(小前提。述べられていない)
    • ゆえに、被告は無罪となるべきだ。(結論。述べられている)
    しかし、この論法は不完全である。指紋が必ずしも犯人を指し示すものとは言えないからである。つまり大前提が疑問である。

省略された前提は、推論の中の疑わしいあるいは誤謬的な前提を曖昧にする効果的な方法でもある。一般的に、前提の誤謬(間違った前提に基づく誤謬。たとえば人身攻撃や「悪には悪(two wrongs make a right)」)は省略三段論法を招く。

ユーモアに使われる省略三段論法[編集]

省略された前提のその攻撃性・そのばかばかしさが情況にとってびっくりするようなものである時、省略三段論法はユーモラスな技法となりうる。

  • ところで私はわが候補者を知らないし、会ったこともない。だからこそ私は他の誰よりも彼の良さを語るのにふさわしい。 - ウィル・ロジャーズ

広告に使われる省略三段論法[編集]

広告主たちは、自分たちが示すイメージとそれを売りたくて作ったことの関連を述べることはめったにない。赤いスポーツカーのボンネットの上でゆったりと体を伸ばす美女と、車それ自体の価値の間に論理的な繋がりはないが、広告主たちはそれがあるという前提をほのめかす。もし広告主たちが率直に「車を買いなさい、そうすればあなたはすばらしい性的な満足を得るでしょう」と言ってしまったら、それは前提としてあっさり拒絶されることだろう。

また、広告主たちは自分たちの製品で楽しんでいる人々の例を示すこともする。広告主たちは視聴者がその製品を購入しなければ、そのような楽しみを受けられないという、省略された前提を実際に述べることはしない。

脚注[編集]

  1. ^ Audi, R. (ed.), The Cambridge Dictionary of Philosophy - 2nd ed., pp. 257, 267. Cambridge University Press, 1999.
  2. ^ アリストテレス『弁論術』1355a、他

外部リンク[編集]