蜂巣敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蜂巣 敦(はちす あつし、1963年 - )は、日本のフリーライター早稲田大学第二文学部中退。早稲田大学漫画研究会では後のSF作家吉岡平と同期。先輩には映画評論家の町山智浩らがいる。

東京デカド社勤務を経てフリーに。主に、日本の過去の凶悪犯罪について書いている。『「超」怖い話』の編纂にも携わった。また、異型民俗誌シリーズ『夜長姫』(パロル舎)の編集を担当。

妻は、南原四郎編集のカルト雑誌『月光』に「オキノニッキ」を連載していた、美好沖野

著書[編集]

  • 「贖罪のアナグラム」宮崎勤の世界(1990年)
  • ドキュメント・連続少女殺人-孤高の鬼・吹上佐太郎(1993年)
  • デビルマン論(1993年)
  • Mのオカルティズム-魔術師たちの犯罪(1995)
  • 日本の殺人者(1998年)
  • 「巨泉の生き方」実践マニュアル(2000年)
  • 殺人現場を歩く(2003年)
  • 八つ墓村」は実在する (2005年)
  • 怪奇譚(2005年)
  • 殺人現場を歩く2(2006年)

編著[編集]

  • 夜長姫叢書1 生首考(1994年)
  • 夜長姫叢書2 人形考(1997年)

共著[編集]

  • 医者につける百薬(1994年)
  • 大世紀末ホラームービー絶叫!!カタログ(1999年)
  • The Nightmare from TheMovies ホラー映画〜戦慄と怪奇の物語(2000年)

外部リンク[編集]