荒木田麗女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

荒木田 麗女(あらきだ れいじょ、享保17年3月10日1732年4月4日)- 文化3年1月12日1806年3月1日))は、江戸時代中期の女流文学者。初名は隆(りう)[1]で、のち麗[2](麗女[1])と改めた。字は子奇[2]。号は紫山、清渚[2]

実父は伊勢内宮の荒木田武遠(たけとお)で[1]、13歳で叔父の外宮御師である荒木田武遇(たけとも)の養女となった[1]。17歳から連歌を西山昌林(しょうりん)に学び[1]、のち花の下昌廸(はなのもとしょうてき)にも師事して連歌に精進した[1][2]。22歳(あるいは23歳)で慶徳家雅(けいとくいえただ[2]、慶滋家雅とも[1])に嫁した。彼女の旺盛な創作活動は、好学な夫の理解と援助によるところが少なくない[1][2]。『宇津保物語』の研究を発端に物語制作を始め[1][2]、その著作年代は39歳から51歳頃にかけてにあたる[2]。夫の死後は、連歌の第一人者として豊宮崎文庫の連歌会と自邸での月次回(つきなみかい)を指導した[1]。最終的に彼女の著作は歴史物語、紀行文、文集、句集、随筆など約400巻にのぼり、非常に多作であった[1][2]。山田八日市場の自邸にて75歳で没した[1]。墓所は伊勢市浦口町旦過の一名天神山の上にある[1]。法名は宝寿院霊雲浄光大姉[2]

彼女は幼少より学を好み[3]、長じては和歌・連歌をものにし[3]、また多くの古典を渉猟し[1][2]漢詩・国史にも通暁して[3]、その学殖は著した歴史物語の流麗な擬古文によく現われている[1][2]。彼女の物語作品は、多くが平安貴族の世界を舞台とし、平安文学の亜流と位置付けられる[1][2]

代表作には次のようなものがある[2][3]

  • 月のゆくへ』 - 承安年間から寿永年間までの歴史書。2巻。
  • 『池の藻屑』 - 元弘3年から慶長8年までの記事を記す仮名歴史書であり、『増鏡』の続編ともいえるもの[3]。明和8年作、14巻。
  • 『藤の岩屋』 - 『遊仙窟』の翻案小説[3]
  • 『野中の清水』 - 本居宣長はこれを目にして添削批評を加えたが、彼女は反駁して応じなかった[3]
  • 『桐の葉』(桐葉) - 物語[2]
  • 『初午の日記』 - 紀行文[2]

刊本[編集]

  • 『女流文学全集 4巻』古谷知新編 文芸書院 1918 近代文芸叢書
  • 『日本文学大系 校註 第12巻』池の藻屑 野村宗朔校註 国民図書 1926
  • 『江戸時代女流文学全集』古谷知新編 日本図書センター 1979
  • 『荒木田麗女物語集成』伊豆野タツ編 桜楓社 1982
  • 『怪世談』石村雍子解説 しののめ書房 1992 朝霧叢書

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日本大百科全書』第1巻、小学館1994年、第2版、p.691。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 国史大辞典編集委員会 『国史大辞典』第1巻、吉川弘文館1986年、p.334。
  3. ^ a b c d e f g 世界大百科事典』第1巻、加藤周一(編)、平凡社2007年、改訂新版、pp.540-541。ISBN 978-4582027006