花郎世記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花郎世記
各種表記
ハングル 화랑세기
漢字 花郞世記
発音 ファランセギ
日本語読み: かろうせいき
テンプレートを表示

花郎世記』 (かろうせいき、화랑세기, Hwarang Segi) は、金大問(生没年不詳、新羅の真骨貴族で文章家)によって著述された、花郎の首領である風月主の歴史を記録した本。聖徳王の在位期間 (702年 - 737年)に書かれた。『花郎世記』は金富軾が『三国史記』を敍述する時点までは残っていたが、その後散逸したと考えられていた。

1989年、日本の宮内庁書陵部に秘蔵されていたのを朴昌和が密かに書き写していたとされる筆写本が発見されるが、韓国の学会でも偽書だとするのが主流である。しかし一般には人気が高く、学者の一部にも本物説を唱える人がいる。

外部リンク[編集]