練習曲作品25-11 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Étude op.25 nº 11 (練習曲作品25-11/練習曲第23番)
Etude 25 11.png
フレデリック・ショパン
別名 木枯らし
形式 練習曲
調拍子 イ短調、2/2
テンポ アレグロ・コン・ブリオ ♩=138
出版年 1837年
作品番号 25-11
プロジェクト:クラシック音楽
Portal:クラシック音楽
テンプレートを表示

練習曲作品25第11番(通し番号:練習曲第23番、別名:木枯らし《こがらし》)は1836年にフレデリック・ショパンによって作曲されたピアノ独奏曲。1837年に初めて「練習曲集作品25」のうちの一曲としてフランス、ドイツ、イギリスで発刊された。フランス版では拍子記号において四分の四拍子001.png(4/4拍子)で表されているが、原稿とドイツ版では共に二分の二拍子001.png(2/2拍子)で表されている。[1]なおメロディーを特徴付ける最初の4小節は、発表前に友人であるチャールズ・A.ホフマンの助言で付け加えられた。[2]

概要[編集]

この曲はピアニストにとって不可欠の技能である、持久力、器用さ、技巧を鍛える練習曲である。曲の最初はゆっくりとした主旋律のイントロダクションで始まり、その後の第一主題は荒々しく流れ落ちる16分音符の6連符と左手の跳躍で構成される。第二主題はそのままハ長調に移行して落ち着き、まもなく第一主題を反復する。フォルティッシモのコーダで終幕へ向かい、最後に主題の提示で終わる。

エラールピアノ(Érard, 1851) でマーサ・ゴールドスティーンによる演奏 - 4102KB

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

BGMとしての使用例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Palmer, W: Chopin Etudes for the Piano, page 116. Alfred Publishing Co., Inc., 1992
  2. ^ Walker, A: Chopin Companion, The, page 136. Norton and Co., 1966

外部リンク[編集]