練習曲作品10-12 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Étude op.10 nº12 (練習曲ハ短調作品10-12)
Etude 10 12.png
フレデリック・ショパン
別名 革命
形式 練習曲
調拍子 ハ短調、2/2
テンポ アレグロ・コン・フォーコ ♩=160
出版年 1831年
作品番号 10-12
プロジェクト:クラシック音楽
Portal:クラシック音楽
テンプレートを表示

フレデリック・ショパン練習曲ハ短調作品10-12: Étude op.10 nº12 : Etude Op.10,No.12)は『革命のエチュード』として知られるピアノ独奏のための作品。1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。

歴史[編集]

この練習曲は11月蜂起における1831年のロシアによるワルシャワ侵攻にほぼ同じくして公表された。ショパンは肉体的もろさのため暴動に参加することはできず、その怒りの感情を代わりにそのとき作曲した多くの作品にぶつけている。その中で最も注目に値するのが、この革命のエチュードである。失敗に終わったポーランドのロシアに対する革命が終結したとき、ショパンは「これは私に多くの痛みを残した。それを分かっていたのかもしれない!」と泣いた。

技術[編集]

左手のアルペジョと滑らかなポジションチェンジの練習である。右手はユニゾンのときに一定の器械的技巧を必要とするのみならず、忙しい左手の上で十分に歌い、聞かせなければならず、高度な肉体的精神的技術を要する。親指と小指との間隔が大きい奏者には有利である。ただでさえ低音を激しく動かさなければならないので雑音に聞こえる場合も多く、落ち着いた演奏が必要である。

最初の小節で必要とされる技術は、非常に高速で、長く激しく下降する和声的な短音階を演奏することであり、その長さとこれら急速なパッセージが多く繰り返される点で、他の練習曲とは異なる。

また、左手のパッセージは速いものの、それ程難しいポジションチェンジは存在しないので、ショパンの練習曲作品10、作品25の中では演奏が容易な方であるという見解もある。[要出典]

エラールピアノ(Érard, 1851) 、マーサ・ゴールドスティーンの演奏 - 2985KB

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

影響[編集]

この曲は同じ調で書かれたベートーヴェンピアノソナタ第32番を暗示させる。この曲の77-81小節と、ショパンが大いに感嘆したことで知られているベートーヴェンのピアノソナタ第32番第一楽章150-152小節が類似している。

その他[編集]

19世紀チェコのピアニストで作曲家のアレクサンダー・ドライショクは、彼のコンサートの観客の一人が、通常の速度で左手の16分音符パッセージをオクターブで演奏したと言うのを聞き、自身もその演奏をする方法を学んだ。練習を始めてからその超人的とも言える技術的問題を克服するまで、一日あたり16時間練習したといわれている。

音楽理論家ハインリヒ・シェンカーは、自身の「シェンカー理論」における楽曲分析の例として、この曲の詳細な和声分析を行っている。Heinrich Schenker - Five Graphic Music Analyses は安価な楽譜で有名なDover社より英訳が出ており現在も入手可能。序文のほかは極力言葉による説明を省いた五線譜によるグラフィカルな分析であり、ドイツ語・英語に堪能ではない者でも容易に読むことが出来る。

外部リンク[編集]

  • Mutopia Project - パブリックドメイン下、いくつかの形式で利用可能であるGNU LilyPondで作成した楽譜。
  • IMSLP - パブリックドメイン下にある練習曲第12番の楽譜。