第二次漢字簡化方案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第二次漢字簡化方案(だいにじかんじかんかほうあん)は、中国文字改革委員会簡体字の採用を交付した漢字簡化方案(1956年)につづき、1977年12月20日に発表した漢字の改革案である。方案発表後に施行する「第一表(248字)」と、民間の議論によって使用の当否を決める「第二表(605字)」の二つからなる。同表にある漢字は、しばしば「二簡字」と略称される。しかし、使用上の混乱が生じたため、国務院により1986年に廃止された。

概要[編集]

第二次漢字簡化方案には1977年の初期案と1981年の修正案の二種類がある。一般的には1977年の案がよく知られており、「二簡字」というとこの案で提案された簡体字を指すことが多い。逆に1981年の修正案は現在ではあまり知られていない。

文字改革委員会は、1960年に各省・市・自治区と解放軍部隊が推薦した、大衆の間で使われている俗字についての資料・1956年からの約20年の間に大衆が手紙で送ってきた略字に関する資料・1972年に各省・市・自治区から提供された資料の3つに基づいて作成したと説明している。

1977年案[編集]

1977年12月20日に発表された、最初の案「第二次漢字簡化方案(草案)」である。

この第二次漢字簡化方案(草案)は簡体字の使用状況によって二表にわかれている。

第一表は、既に多くの人によって使用されている俗字が収録されている。 第一表はさらに2つにわかれており、(1)には簡化偏旁として使えない簡体字が172字、(2)には簡化偏旁として使える簡体字が21字とそこから類推してできた簡体字が55字収録されている。 よって第一表には計248字の簡体字が収録されている。なお、一部の文献では(2)のうち、類推してできた55字を(3)として掲載しているものもある。

第二表は、全国的ではないが一部の地域および業種で使われている俗字が多く収録され、この他に数種類の略法があるものから一つを選んだ字が少数、文字改革委員会が独自に作った字18字が収録されている。 第二表は略法等によって8つにわかれており、(1)同音代替字72字、(2)形成字115字、(3)特徴字32字、(4)輪廓字23字、(5)草書楷化字16字、(6)会意字6字、(7)符号字5字、(8-1)単独で使える簡化偏旁用簡体字24字、(8-2)単独で使えない簡化偏旁用簡体字16字が収録されている。 (8-1)の字はすべて(1)-(7)と重複しており、(8-2)は単独では使用できないので第二表には計269字の簡体字が収録されている。なお第一表と違い(8)から類推してできる簡体字336字は簡化前の字しか掲載されていないが、これを含むと605字となる。

すべてを合わせると、類推簡化391字を除いて、590字の原字が462字の簡体字に簡化されている。この簡体字には既に存在していた字に統合するものが多くあり、適用すると263字が削減されることとなる。

1981年案[編集]

1977年案の第一表に収録されている字は発表と同時に各新聞などで実際に使用され、合理的かどうか意見を聴取した。その結果、半年で十分な量の意見が寄せられ、1978年の終わりにはほぼ試験使用をとりやめた。これを受けて、1980年6月に結成された修正委員会で1980年7月から1981年6月まで九回会議を重ね1981年8月に作成されたのが「第二次漢字簡化方案(修訂草案)」である。

この第二次漢字簡化方案(修訂草案)は1977年案の第一表が基本となっている。

1977年案の第一表同様2つに分かれており、(1)には簡化偏旁として使えない簡体字が91字、(2)には簡化偏旁として使える簡体字が20字収録されている。よって類推簡化字を除いて、111字が収録されている。

1977年案と比べると、略字79字が保留され、28字(矗,巅癫,蠹,,罐,疆,,襟,,嘹,潦,没,膻,滕藤,嚏,鑫,翼,,粤,鬼,冀,解,具,蒙,鼠,舀,真,直の略字)の略字の形が修正、4字(覆,僵,纂,夷の略字)が追加された。

この草案は10万部印刷配布され、1981年11月から二ヶ月間意見が聴取された。この結果、81,888部が回収され、賛成者が8万人以上の簡体字は17字、賛成者が8万-7万人あったのが87字、賛成者が7万-6万人だったのが7字であった。また、収録する簡体字をもっと増やすべきだという意見も多く寄せられた。

なお、後に「第二次漢字簡化方案(修訂草案)」は「増訂漢字簡化方案」と改名された。

流れ[編集]

1956年に漢字が簡化されてからも画数の多い常用字はまだいくつも残っており、大衆の間では第一次案の簡化法を応用した俗字や同音書き換えなどが多く使われた。

こうしているうちに、一部の国民から「さらに漢字を簡化するべきである」といった意見が出るようになり、「光明日報」の「文字改革」コラムでは漢字のさらなる簡略化に関する文章が掲載された。

  • 1975年5月、文字改革委員会が国務院に「第二次漢字簡化方案(草案)」を提出し、審議を申請する。
  • 1975年9月、国務院弁公室が周恩来の「第二次漢字簡化方案(草案)」及び文字改革工作に対する意見を伝達する。
  • 1977年5月20日、文字改革委員会が国務院に「關於〈第二次漢字簡化方案(草案)〉的請示報告」を提出する。
  • 1977年12月20日、人民日報光明日報解放軍報など各新聞が発表し、社会の意見を求める。翌日から人民日報が試用を開始する。
  • 1978年3月、胡愈之王芸生周有光らが、全国政治協商会議及び人民代表大会で「第二次漢字簡化方案(草案)」第一表の字を使用しないよう要求する。
  • 1980年5月、文字改革委員会第二回主任会議にて胡喬木が「第二次漢字簡化方案(草案)」について明確な結論を出すよう指示する。
  • 1980年6月27日、文字改革委員会第四回主任会議にて「第二次漢字簡化方案(草案)」修訂委員会が結成され、第二次漢字簡化方案の修正案を作成することが決定される。
  • 1981年8月、修正案「第二次漢字簡化方案(修訂草案)」が作成され、11月より意見聴取が行われる。
  • 1982年1月23日、胡喬木が文字改革委員会主任会議において漢字簡略化について15(12という説もあり)の原則を提案する。
  • 1982年3月13日、文字改革委員会第八回主任会議で「第二次漢字簡化方案(修訂草案)」をさらに修正し問題を検討するようにとの決定がなされる。
  • 1983年6月、文字改革委員会主任(拡大)会議で「第二次漢字簡化方案(修訂草案)」を国務院へ上奏することを決定する。
  • 1984年2月、文字改革委員会で「第二次漢字簡化方案(草案)」の公布を取り消し、「増訂漢字簡化方案」と改名して発表することが決定される。
  • 1985年、文字改革委員会は「増訂漢字簡化方案(111字)」を人民代表大会、全国政治協商会議に報告し、意見を求める。
  • 1986年6月24日、国家語言文字工作委員会の提出した「関于廃止〈第二次漢字簡化方案(草案)〉和糾正社会用字混乱現象的請示」を受けて、廃止を発表する。
  • 1986年10月10日、国家語言文字工作委員会が「簡化字総表」を一部修正して再度発表する。

簡化の方法[編集]

大幅な簡略化で混乱が起きたが、簡略化の方法自体は「第一次案」と大差はない。以下、主なものを示す。

形声による造字[編集]

音を表す部分を同音の部品に交換する。基本的に北京音によったため、中国語の方言や日本語などでは音が合わない例が少なくない。

Erjian1.png

会意による造字[編集]

元の字(規範簡化字)の意味から、別の字(二簡字)を作る。

Erjian2.png

字形の仮借[編集]

同音の別の字を用いる。

Erjian3.png

省略[編集]

字形の混同がない場合に字の一部を削除する。

Erjian4.png

書き換え[編集]

大まかな形はそのままで部分的に変更する。

Erjian5.png

意義[編集]

影響[編集]

中国の『人民日報』などのマスメディアが試用をしたことにより、正規の表記法のようにして、教育現場でも教えられた。日本においても、NHKの『中国語講座』で使用し、テキストも第二次漢字簡化方案第一表に従って作られた時期がある。中国では、教育の場にまで広く浸透した時期があり、画数が少ないものが多いため、21世紀になっても、俗字(民間における略字)として使用されている例を見ることがある。しかし、現在の中国語の辞書では、日本の一部の出版社の辞書や中国の一部大型字書を除いて収録されておらず、目にしても、調べるのも困難になっているようにも思われるが,他方,インターネット上においては比較的容易に手に入れられることから,必ずしも調べるのが困難とは言えない。

また、仮借による置き換え字は、戻らなかったものも多い。例えば「」姓は「」姓に、「」姓は「」姓に、「」姓は「」姓に置き換えられ、そのまま定着した。例えば、2007年発表の公安部統計分析顕示でも置き換わったままになっていることが分かる。

フォント[編集]

現在、第二次漢字簡化方案の漢字をパソコンで印字しようとすると苦労するが、『今昔文字鏡』は第一表の字を収録しており、フォントも公開されている。 また、「SongUni-PUA」や「BabelStone Han」というフォントには私用領域に第二表も含め第二次漢字簡化方案の漢字が収録されている。

参考文献[編集]

遠藤紹徳『早わかり中国簡体字』(国書刊行会、1986年)ISBN 9784336000328

松岡榮志『漢字・七つの物語 中国の文字改革一〇〇年』(三省堂、2010年) ISBN 9784385364957

外部リンク[編集]