立川恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立川恵
生誕 ????2月22日
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
代表作 怪盗セイント・テール
夢幻伝説 タカマガハラ
電脳少女☆Mink
受賞 なかよしまんがスクール シルバー賞
なかよしまんがスクール ゴールド賞
公式サイト Satellite-M
テンプレートを表示

立川 恵(たちかわ めぐみ、2月22日 - )は、日本漫画家東京都出身。血液型はB型。

概要[編集]

講談社の主催する『なかよしまんがスクール』の出身作家。第95回頃より参加。高校卒業および就職によって一時投稿を中断するも、1989年頃より投稿を再開し、選外A~Bクラスおよび「もう一歩賞」の常連となる。1991年『まんがスクール』における255回目の選出において『台風の行方』(機関紙『るん』78号に掲載)でシルバー賞を受賞し、第36回研修生に昇格。さらに同年『人魚姫未満』(機関紙『るん』80号に掲載)にて257回ゴールド賞を受賞した。

その後『まんがスクール』担当者の勧めで1992年16歳のティアラ』を第13回なかよし新人まんが賞に上梓して入選を受賞。同作品が『なかよしデラックス』1992年2号に掲載され、デビュー作となる。以来、講談社『なかよし』の主力作家として活躍。

代表作に『怪盗セイント・テール』『夢幻伝説 タカマガハラ』『電脳少女☆Mink』など。

2003年より同人誌の発行活動・ゲーム作成などにも着手している。

スポーツ観戦を趣味とし、特にプロ野球観戦を好む。生粋の東京人であるためか、好きな球団は東京ヤクルトスワローズとしている。

あだち充のファンだが、好きな作品は彼の代表作である『タッチ』ではなく『虹色とうがらし』であるとしており、あだちに対しては「スポーツ漫画家」ではなく「コメディ・人情漫画家」として見ているようである。

また『3年B組金八先生』のファンと言われるが、正確には『桜中学シリーズ』のファンである。

作品リスト[編集]

参加メディア[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]