砲金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

砲金(ほうきん、Gunmetal)は、銅合金の一種で、Cu とSn の合金。 一般に銅90%、錫10%程度の組成である

砲金の製品

靱性に富む性質があることから大砲の砲身の材料であった。鋳造が容易で、耐磨耗性や耐腐食性にも優れる。 大砲に用いられた出自からガンメタルと呼ばれ、日本語として砲金が使われるようになった。 なお、プラモデル、とくにその塗料における「ガンメタル」は拳銃などに多い、金属光沢をもつ黒として認識、販売されている。

青銅の一種とする分類もある。JIS H 5120(銅及び銅合金鋳物)に規定され、材料記号はCAC406(旧記号:BC-6)などと表記される。

関連項目[編集]