石灰沈着性腱板炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石灰沈着性腱板炎
分類及び外部参照情報
ICD-10 M65.2, M75.3
ICD-9 727.82
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

石灰沈着性腱板炎(せっかい・ちんちゃくせい・けんばんえん)とは、突然発症のの痛みを呈する疾患。

症状[編集]

誘因なく突然発症で、肩の痛みのため可動域制限がみられる。強い痛みのため、患側の肩やを動かせない。夕刻から夜間にかけて、痛みが増強することがある。上腕骨大結節に圧痛をみとめる。[1]

検査[編集]

  • X線写真で、上腕骨大結節近傍に石灰化をみとめる。
  • drop arm test (-)により腱板断裂{drop arm test(+)}と鑑別する。

治療[編集]

  • 消炎鎮痛剤の内服。
  • ステロイド・局所麻酔を混和して、滑液包に注射する。
  • シメチジン内服。(石灰化が軽快するといわれている。[2])

脚注[編集]

  1. ^ 宮田靖志ほか. プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断100: p.106.
  2. ^ 樋口富士男ほか. cimetidineが効を奏した石灰沈着症: 整形外科 46; 1549-1554, 1995.

関連項目[編集]