田原淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田原淳
人物情報
生誕 1873年7月5日
日本の旗 日本大分県東国東郡西安岐村瀬戸田(現国東市
死没 1952年1月19日(満78歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究機関 福岡医科大学
主な業績 田原結節の発見
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞(1914)
テンプレートを表示

田原 淳(たわら すなお[1]1873年7月5日 - 1952年1月19日)は日本の病理学者

人物[編集]

1901年東京帝国大学医学部を卒業。1903年に私費でドイツに留学し、マールブルク大学の病理学教室でルードヴィッヒ・アショフLudwig Aschoff)に師事した。

田原はここで、哺乳類心臓筋肉について研究を行い、心臓刺激伝達系に重要な役目を持つ(田原結節、アショフ=田原結節)を発見。1905年、後に「田原結節」や「田原・アショフ結節」と呼ばれるようになる「房室結節」を発見し、心臓の刺激伝導系の存在を明らかにした。1906年その研究結果を『哺乳動物の心臓における刺激伝導系統』と題して発表した。この研究によって1914年帝国学士院恩賜賞を受賞する。これにより100年以上、研究者の間で論争となっていたトーマス・ウイリスに始まる心臓拍動の神経原説アルブレヒト・フォン・ハラーに始まる筋原説の対立に筋原説の勝利という形で終わらせた。

1906年に帰国し、福岡医科大学(現九州大学医学部)病理学教室の助教授となり、1908年教授に就任。当時、同教室は田原と中山平次郎の2教授制であったが、後に中山が考古学へ転向したため、実質的な教室運営は田原によって行われた。1932年に別府市に開設された同大付属の温泉医療学研究所の初代所長となる。1934年に定年退官。

エピソード[編集]

  • 九州大学馬出地区には博士の業績を顕彰した「田原通り」が存在する。

著作[編集]

  • Die Topographie und Histologie der Brückenfasern. Ein Beitrag zur Lehre von der Bedeutung der Purkinjeschen Fäden. (Vorläufige Mitteilung). Zentralblatt für Physiologie, Band 19, Nr. 3, 6. Mai 1905, p. 70-77.
  • Anatomisch-histologische Nachprüfung der Schnittführung an den von Prof. H. E. Hering übersandten Hundeherzen. Archiv für die gesamte Physiologie des Menschen und der Tiere, Band 111, No 7-8, 20 Februar 1906, p. 300-302.
  • Über die sogenannten abnormen Sehnenfäden des Herzens. Ziegler’s Beiträge zur Pathologischen Anatomie und zur allgemeinen Pathologie, Band 39, 1906, p. 563-584.
  • Das Reizleitungssystem des Säugetierherzens. Eine anatomisch-histologische Studie über das Atrioventrikularbündel und die Purkinjeschen Fäden. (mit einem Vorwort von L. Aschoff) Jena: Gustav Fischer, 1906.
  • Die heutige Lehre von den pathologisch-anatomischen Grundlagen der Herzschwäche: kritische Bemerkungen auf Grund eigener Untersuchungen. (mit L. Aschoff). Jena: Fischer, 1906.

参考文献[編集]

  • 須磨幸蔵・島田宗洋・島田達生 編著『田原淳の生涯』考古堂書店(新潟),2003年
  • 「田原淳」(上山明博 著『ニッポン天才伝』朝日選書,2007年
  • ヴォルフガング・ミヒェル「『哺乳動物心臓の刺激伝導系』のドイツ語原稿とその背景について」『田原通信』第3号特別号,2007年12月,45~49頁 (pdf-ファイル: 九州大学学術情報リポジトリー)
  • 富田達男「田原結節の発見者 田原淳 補遺」『日本医史学雑誌』第45巻第4号(1999年12月),503~514頁
  • L. Aschoff - Marburg: Bericht über die Untersuchungen des Herrn Dr. Tawara, die "Brückenfasern" betreffend, und Demonstration der zugehörigenmikroskopischen Präparate. Zentralblatt für Physiologie, Vol 19, No. 10, 12. August 1905, p. 298-301.
  • K. Suma: Sunao Tawara - a father of modern cardiology. Pacing Clin. Electrophysiol. No. 24 (2001), p. 88-96.
  • E. J. Wormer: Syndrome der Kardiologie und ihre Schöpfer. München 1989, p. 9–16.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 論文を発表する際、TawaraではなくTaharaとしたため、海外ではTaharaと表記される事がある。英語版Wikipediaの田原淳