牛腸茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

牛腸 茂雄(ごちょう しげお、1946年11月2日 - 1983年3月6日)は、写真家新潟県加茂市出身。新潟県立三条実業高等学校商業科(現新潟県立三条商業高等学校)卒業。桑沢デザイン研究所修了。写真を大辻清司に学ぶ。

コンポラ写真の代表的な作家。

幼少(3歳)から胸椎カリエスを患って成長が止まり、背中が曲がる後遺症を抱える。学生時代にも地元新潟の絵画デザインコンクールに応募受賞し、以後病気と闘いながら36歳の若さでこの世を去るまでに数々の作品を残す。子供を撮ったスナップショットが多く子供の世界にスウーッと入っていく作風で知られた。また写真以外にも旺盛な創作意欲を見せ心理学を応用したマーブリング・プロットロールシャッハなどの個展・作品集を発表、刊行。8ミリ、16ミリの映画制作にも挑戦している。

存命中に発表した写真集SELF AND OTHERS」では日本写真協会新人賞を受賞。死後、1992年4月季刊誌「deja-vu」第8号で牛腸茂雄特集が組まれてから、牛腸茂雄を再評価する気運が高まる。

1994年には未來社から「SELF AND OTHERS」が再刊され、2000年には同作品を題材にした映画も製作・公開された。 2004年には、新潟市美術館三鷹市美術ギャラリー山形美術館で大規模な回顧展が開催され、共同通信社から「牛腸茂雄作品集成」が刊行された。

亡くなる数年より千葉九十九里海岸にカプセルのような自宅を建設予定(設計は友人の建築家・海老原鋭二)であったが死亡により頓挫。家の横には一本の大木を植える予定であったという。

主な論文[編集]

  • 大辻清司「序 写真をみる他人」(写真集『日々』1971 ※『牛腸茂雄作品集成』2004 共同通信社に再録)
  • 飯沢耕太郎「牛腸茂雄ノート」(写真集『SELF AND OTHERS(再刊)』1994 未來社)
  • 増田玲「同時代の中の牛腸茂雄」(『牛腸茂雄展』図録 2003 東京国立近代美術館)
  • 松沢寿重「牛腸茂雄の足跡ー山の彼方と此方」(『牛腸茂雄作品集成』2004 共同通信社)
  • 大日方欣一「牛腸と大辻 1968年前後の対話をめぐって」(『牛腸茂雄作品集成』2004 共同通信社)
  • 浅倉祐一朗「牛腸茂雄の『自己と他者』をめぐって」(『牛腸茂雄作品集成』2004 共同通信社)
  • 岡部信幸「『見慣れた街の中で』ー牛腸茂雄における視線と距離」(『牛腸茂雄作品集成』2004 共同通信社)

作品の所蔵先[編集]

外部リンク[編集]